クルマのプロフィール 商用モデルがなくなり、乗用ミニバン専用となったことで、車名もタウンエース/ライトエース・ノアから一新。ヴォクシーとノアは販売店が違うという兄弟車だが、インテリアの雰囲気などは大きく違いノアはファミリー志向、ヴォクシーは若者向けといったスポーティモデルに仕上げられているので、このへんも好みで選択肢が変わってくるところ。 5ナンバーサイズに3列シートという造りで、ズバリ、日産セレナやホンダ・ステップワゴンを意識したモデルだが、ステップワゴンよりも一つ一つのシートの座り心地を重視した内容。逆にその分、ステップワゴンのような1~3列目まですべてを使ったフルフラットシートは出来なくなっている。(1~2列目、2~3列目のフルフラットというスタイル) そんなライバル車よりも大きめのシートを使うなど、座り心地を重点にしているので、乗り込んだ瞬間に『すっごい広い』という感覚は、他、とくにステップワゴンほどは感じない。でも乗降性も良く、ボディサイズからすると十分の広さを持ったもの。 運転席からの見晴らしも良く、ミニバンタイプが苦手という女性でも、運転のしやすさにはかなり配慮している。フードの先端が見えるようなシートポジションにしてあるのも、このクルマのこだわりの一つだと、開発者の人は言っていたほど。 まだオプションで‘ブラインドコーナーミラー’というのがあり、時速7キロ以下の時に、死角となる左右のタイヤ付近の映像が、ナビモニターに写し出される! これ、車庫入れなどの際には、かなり心強い見方になりますよ。