毎年、秋恒例のヴィンテージ・フェラーリ・ミーティングが、今年も静岡県御殿場市にあるスポーツカーガーデンで開催されました。

今年は、僕もようやく出来上がった愛車”74年式フェラーリ365GT4BB”で初参加。これまでは単なる観客もしくは取材担当者として外から眺めていたミーティングだったけれど、今年は参加者です。ワクワクドキドキの参加リポートと参りましょう。

クルマについての詳しいことは、現在、特選外車情報Fロード(マガジンボックス)に連載中のBBレストア日記を読んでくださいませ。ここでは、参加者の目でみたミーティングの様子を報告したいと思います。

フェラーリの朝は早い、です。ヴィンテージミーティングの参加資格は84年以前生産のフェラーリ。最近のフェラーリと違って、キーを捻って即全開、というわけにはいきません。出発するまでには、いっそう入念なチェックが必要です。

2日前にガレージに運び込まれたばかりのわがBB。数年ぶりの遠出です。期待半分不安半分。ドキドキしながらガレージで一通りのチェックをします。