一夜明けて。


前夜飲み過ぎて二日酔いの人も、走るとなるとしゃっきりきっかり集合時間の7時半にサーキットに入ります。みんな、シューマッハと同じレーシングスーツを着ていて、真剣そのもの。いやあ、あまりにシューマッハだらけなもんで、ちょっぴり可笑しくなります。かわいいです。


完熟走行を終えると、みんなフリーランに入ります。フェラーリにも速い組、遅い組!があって、速い組はF50やF40といったスーパーフェラーリに、最新のモデナやマラネロといったモデルが一緒に走ります。それだけ、モデナの戦闘能力が高いってことですね。
最新モデルの550バルケッタピニンファリーナも2台見えました。



遅い組は、F355以前の8気筒モデルが中心です。遅いとはいえ、ほとんどのオーナーが何らかの手をいれていますから、その爆音たるや、尋常じゃありません。

フリー走行では、みんなガンガン攻めまくっています。1コーナーに列んで入っていくのを見ているの、こっちがヒヤヒヤします。ブレーキングで競争したりしているんですよね。みんな、熱い!

もっとも、熱くなりすぎて、クラッシュする豪毅な方もいます。鈴鹿名物の130Rでスピンしサイドをガリガリにしてしまった550マラネロには驚きました。だって、新車で2500万円以上でっせ!熱すぎる!