妙にアウディっぽいクルマ?

価格575万円。ボディサイズは4710mm×1855mm×1390mm。2ドアのA5クーペ/カブリオレと比較すると85mm長く、A4セダンとほぼ同寸ながらグッとワイド&ローに

日本における輸入車全体の市場が縮小し、とりわけプレミアムブランドと呼ばれるメーカーからあまり明るいニュースが聞かれない中で、アウディが前年実績を維持しているというのは立派なことだといえるでしょう。その勢いは、かつてのアウディでは考えられないほど多くの車種をラインアップするようになった戦略にも表れています。

A4/A5シリーズに加わった、5ドア4シーターのクーペ「A5スポーツバック」は、まさにそんなアウディの象徴的存在。セダンの居住性、アバントの実用性を持ちながら、クーペのデザインを併せ持たせたというクルマです。いちおう「クーペ」ということで、スポーツカー&オープンカーの仲間として、ここで扱わせていただくことにします。

ホイールベースはA4と同じ2810mmで、2ドアのA5よりも60mm長い

スタイリングは、2ドアクーペのA5と共通のフロントから、流れるようなルーフラインを描きながら、クーペフォルムのリアへとつながっていきます。ホイールアーチが強調されているのも特徴的。360度どこから見ても隙のないエクステリアデザインが構築されています。

ライバルの4~5ドアのクーペたちが、少なからず特殊なクルマという印象があるのに対し、A5スポーツバックはすんなりと受け入れられる印象で、なんだか妙に“アウディっぽい”クルマであるようにも感じられるのは、ちょっと不思議な気もするところです。

テールゲートのスポイラーリップがハイデッキデザインのスポーティな印象を強調している


次ページでラゲッジルームをチェック