5ナンバーサイズに収まる!

スタイリングには初代インサイトの面影も見て取れる……?

パリモーターショーで、ホンダより、2009年に市販予定の新型ハイブリッドカー「インサイト」のコンセプトモデルが発表されました。

インサイトというと、かつて販売されていた初代モデルは、風洞実験車がそのまま市販されたようなスタイリングが印象的で、2人乗りという割り切りにホンダらしさが感じられたものでした。プリウスは普及型のハイブリッドカーとは対照的でもありました。

そして新型は、5人乗りの5ドアハッチバックとなる模様。とはいえ、初代もそうだったように、いかにも空力がよさそうなクーペスタイルには、「スポーツカー」を感じ取ることができます。

プラットフォームは次期シビックの先出し? とりあえずは5ナンバーサイズに収まったことを大歓迎

インサイト・コンセプトは、空力性能による力強い走りをテーマに「環境性能」と「Fun to drive」を高次元で融合させたエクステリアデザインを採用。ボディサイズは全長4375mm、全幅1695mm、全高1425mmと、5ナンバーサイズとなっているのも特徴です。

ショーモデルでは、超軽量の専用アルミホイールに、205/40R18サイズのタイヤを装着しています。インテリアは操る楽しさを感じるコクピットとハイブリッドならではの先進感、未来感を演出しています。

ハイブリッドならではの先進感、未来感を演出したコクピット


次ページでパワートレインをチェック