スタンダードTTとの価格差にも納得

TTシリーズのフラッグシップとして相応しい内容を身につけたといえるTTS。これまでのトップモデルだったクーペの3.2クワトロよりも100万円近く高価だが、実車に触れれば価格差に納得

ユニークなスタイリングを持つとともに、走りは快適かつ安定性の高いスポーツカーというTTの本質をそのままに、TTSはよりわかりやすい高性能ぶりと、所有する満足感を高める内外装の仕上げを誇ります。TTとの価格差はそれなりに大きいわけですが、それ相応の違いはあるといえるでしょう。

このクルマのポイントは、当たり前ですが、TTというクルマの頂点として位置づけられていることでしょう。この価格帯になると、また別の魅力的なスポーツカーも視野に入ってくるわけですが、その中でも、やっぱりTTが好きでたまらない人のため、そして、TTの中で「イチバン!」が欲しい人のための大本命のクルマだと思います。

クーペ2.0TFSIの「クワトロ」が追加

2.0TFSIクワトロの価格は499万円。ちなみにクーペでは、2.0TFSIの2WD(FF)モデルが439万円、3.2クワトロが589万となっている

また今回、「2.0TFSI」の装備を見直すとともに、価格ダウンを実施。さらに、これまで2WD(FF)しかラインアップされていなかったところ、AWDの「2.0TFSIクワトロ」が追加されました。全体的にスタビリティが上がっていて、どんな状況でも安心して速く走れるというクワトロの恩恵を、このデザインと、スポーティな走りとともに味わえるというモデルで、今後のTTのスタンダードになっていくものと思われます。

【アウディTT 関連記事】
偉大なデザインを超えた「表情」(Autovision)
“人気のTT”に加わった高性能なTTS (輸入車)
格段に進化したアウディTTロードスター (スポーツカー&オープンカー)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。