次期ハリアーなのか!?

フロントビュー
レクサスRX350がガソリン、4月から登場するRX450hはハイブリッド。ひと足先にRX350がリリースされた。サイズは全長4,770×全幅1,885×全高1,690mm。価格はRX350が460万~565万円、RX450hが570万~650万円
日本におけるレクサス・ブランドに待望のSUVが加わった。メタルトップのクーペ・カブリオレであるSCをのぞくとセダンばかりの品揃えであったから、販売店もユーザーもまさに待ちこがれたモデルといえるだろう。

今回試乗したのは1月に登場したRX350。3.5LのV6エンジンを搭載し、6ATと組み合わされる。2WD、4WDともに用意する。4WDのみのハイブリッドのRX450hは4月にお目見えする。

それにしてもこのRX350は、乗って触って走らせれば分かるのだが「レクサスらしいレクサス」。では「トヨタ」ハリアーはどうなるのだろうか?

新しい高級SUV

リヤビュー
ピラーの形状など、フォルムそのものはハリアーの進化版と感じさせるもの。つまり先代からのキープコンセプト。ヒット作だけに当然の進化といえるだろう
試乗会場で知り合いのカメラマンから「新しいハリアーでしょう?」と聞かれたが、半分正解というか不正解というか。広報の方にうかがうと、RXはレクサスの新しいクロスオーバーであり、ハリアーとは別の高級SUVということになるらしい。本来ならセルシオがレクサスLSへとその役割をバトンタッチしたように、ハリアーからRXに役割を渡せばいいのだろうが、販売的にはそうはいかない。「2.4Lのユーザーニーズも多いので」とのことだが、それもあるだろうが、販売のトヨペット店としては「レクサスばかりに利益幅の大きい高級車を持って行かれたらたまらない!」という事情もあるはずだ。

また、トヨタ・ブランドにはセルシオが去ってもクラウンが残ったが、ハリアーは代わりのモデルがないためか、2.4Lのみ継続販売となった。RX350の発売の数日前にはハリアーに特別仕様車も加わっている。

次ページは内外装について