ディーゼルエンジンのカットモデル
次世代の主役となるクリーンディーゼルエンジン

ここでも問題は「少子化」

面白いことに植物から作ったアルコールの場合、二酸化炭素の排出量はゼロと認定されます。空気中の二酸化炭素と光、水で光合成を起こし、セルロースになる。セルロース=二酸化炭素なのだ。それを燃料にするのだから、二酸化炭素のリサイクルということになるワケ。ちなみにバイオ燃料で作られたアルコールは、現在のガソリンより高価。当然ながら燃費の良いハイブリッドでなければ燃料コスト的に厳しい。どんな燃料を使うにしろ、ハイブリッドかディーゼルの技術が必要だということ。

いずれにしろ日本は環境対応技術でダントツの世界一。そう遠くない将来、原油価格が高騰しても、二酸化炭素の排出量削減義務づけになっても対応出来るクルマを作れるようになるだろう。唯一にして最大の課題は、優秀な技術者を確保出来るかどうかと言う点かもしれない。御存知の通り我が国の出生率を見ると極めて心配。人口の減少は優秀な人材の減少を意味する。優れた技術者さえ確保出来れば、日本の自動車産業が世界のエネルギー問題を解決させられると思います。