開運手元コーディネイト術 私流

私がもっとも愛用しているのが、シルバーとゴールドのコンビの丸いフェイスの時計。そしてこの時計をつける時は、必ず、人差し指にゴールドバックルがついたシルバーのリングを人差し指につけています。時計のリングの厚み、シルバーとゴールドの配分がなんともマッチしているのです。(時計/マスト ヴァンテアン ウォッチ リング/ダブルトゥルーリング 以下時計、リングはすべて私物)

私がコーディネイトに一番こだわっている箇所は、手元。打ち合わせをしている時、食事をしている時、どんな時も意外に手元は目立つもの。そして、なんといっても自分の目につくパーツですから、手元がきれいだと気分が上がります。少し背伸びして買った時計やリングを身に付けていると、「これにふさわしい女性になる」って、少々辛い仕事だって頑張れるものです。

また、私は今まで2回制服のある会社に勤務した経験があるのですが、時計とリングの着用はOKでした。そして、制服姿に唯一個性を演出できる部分が手元だったので、時計やリングに気を配る習慣がついてしまったようです。

さて、時計を主役にすえて、それに合わせたリングをプラスするのが、私の手元コーディネイト法。そして、どうせなら運気をアップさせてくれものを選ぶようにしています。もちろん私は風水師ではありませんから、本や雑誌で目にした開運情報を参考にして時計やリングをチョイスして身に付け、なんだか調子がいいな、と感じたら、定番的に採用するようにしています。

今は、左手首に丸いフェイスの時計をして、同じく左の人差し指にリングをつけるのが、私の定番スタイル。そして、気分に合わせて、ブレスレットをプラスしています。それでは、高橋流、時計、リングの開運アップのための選び方をご紹介しましょう。


[CONTENTS]
Page2: 人間関係をスムーズにする丸いフェイスの時計
Page3: 人差し指リングをすると、いい出会いが増える
Page4: 迷っている時は、「決断の色」赤ベルトの時計を