カフ・ウォッチ”って、どんなものだかご存じですか。フランス語では“マンシェット(Manchette)”。文字盤がブレスレットと完全に一体化した、シャツのそでくち(cuff)を思わせるデザインの腕時計。これが今、ひそかに熱い! のです。

手首のあたりのアクセントとして、大ぶりな時計を着けるのは、おしゃれのテクニックとしてはもう定番。マニッシュなラージ・サイズの時計も流行っていますが、これから選ぶなら何といっても、エレガントなカフ・ウォッチ。年齢を問わない洗練されたデザインが多いので、1つ手に入れておけば息長く使えます。

さて、まずは《ショーメ》の人気モデルからご紹介。1995年に発表された「ケイシス」は、カフ・ウォッチ・ブームの火付け役となった、このブランドのベストセラー。驚くほどしなやかに腕にまとわりつくブレスレットの仕立ては、さすが名門ジュエラーならではの仕事ぶり。手首にぴったりとフィットさせず、このしなやかさを存分に生かしてややルーズに着けると、さらにトレンド感が高まります。

《ショーメ》
「ケイシス トップレディ」
K18イエロー・ゴールド/クォーツ
¥1,370,000

※ステンレス・スティールの
同型モデルは ¥200,000

デザインはシンプルで極めて完成度が高いものの、ただ惜しむらくは、リュウズがぽんと飛び出していること。この部分が目立たなくなれば、もっとジュエリーに近い感覚になったと思うのですが。しかしながら、10年後、20年後も使える時を超えた美しさは、このモデルの何よりの魅力になっています。

■お問い合わせは、
ショーメ・ジャパン 電話 03-5804-3141 へ。

 

次は《ショパール》の新作。「アイスキューブ・マンシェット スチール」は、その名の通り、四角い氷を並べたようなシャープなフォルムが目を引きます。文字盤の部分にもグリッド・ラインがあしらわれているので、一見、すっきりとしたバングル・ブレスのよう。

お揃いのリングも入荷がスタートしています。今年のカンヌ国際映画祭では、『アメリ』で主役を演じたオドレイ・トトゥも「アイスキューブ」の小さなペンダントを着けて出席していましたね。

《ショパール》上から:
「アイスキューブ・マンシェット スチール」
ステンレス・スティール/
クォーツ ¥300,000

「アイスキューブ・リング」
K18YG(2連) ¥120,000
K18WG(2連) ¥128,000
K18YG/ダイヤモンド(1連) ¥260,000
K18YG(1連) ¥80,000
K18WG(1連) ¥88,000

※YG=イエロー・ゴールド
WG=ホワイト・ゴールド

■お問い合わせは、
一新時計 電話 03-3272-2572 へ。

 

次ページでは《ボーム&メルシエ》《グッチ》のダイヤモンド・ウォッチをご紹介します。