高島屋「STYLE&EDIT」 1周年!

3.1 phillip lim
「バラのお花の高島屋」らしいバラのコサージュ付きスプリングコート。バラの花びらのようなクルクルした襟元に注目!細部にこだわりを持ったテクニックが圧巻! 
126,000円 3.1 phillip lim
年間売上高で日本一の百貨店、高島屋が自主編集するセレクトショップ「STYLE&EDIT(スタイル&エディット)」がこの3月1日で1周年を迎えます。

「STYLE&EDIT」はグローバルな視点でネクストスタイルを集めたセレクトショップ。ファッションから雑貨までトータルで提案する情報発信型ショップです。約50ブランドを展開しています。

テーマは「次世代のエレガンスとラグジュアリー」。上質・本物志向のセレクトが、成熟したスタイルを持つ女性たちに支持されています。

【CONTENTS】
  • Page 1:We Love Dresses

  • Page 2:ニューカーマーブランドのドレスに注目!

  • Page 3:宝探し気分で小物も新発見!


  • 2007年春夏のテーマは、“We Love Dresses”

    「STYLE&EDIT」の春夏のテーマは「We Love Dresses」(=ドレス大好き)。最新のドレスはバリエーションがいっぱい。高いウエスト位置での切り替え、ミニ丈、パフスリーブ、ギャザー使いなど、ボリュームやディテールの変化を楽しめます。マイクロミニというよりは比較的ミディアム丈が多いのは、「STYLE&EDIT」の主な顧客層であるスタイリッシュなキャリア層にピッタリです。

    ■NY発 3.1 phillip lim(スリーワン・フィリップ・リム)
    3.1 phillip lim
    こちらもハンドメイドのバラモチーフで飾られたカットソー素材のドレスです。カットソーというくだけた素材で作った、白のイノセントなドレス。ドレスダウンとドレスアップのダブルフェースを提案しているところはさすが! 68,250円 3.1 phillip lim


    フィリップ・リム氏が、自身の年齢である31歳で立ち上げたブランドが「3.1 phillip lim」(スリーワン・フィリップ・リム)です。2005年秋にデビューしてまだ3シーズン目にもかかわらず、日本でもぐんぐん注目度は高まっています。成熟したデザインと完成度の高いテクニックが持ち味です。
    今シーズンは白一色で天然素材をデリケートに仕上げた、ドレスアップスタイルを提案してます。

    ※スリーワン・フィリップ・リムのブランド詳細マスキュリン&フェミニンな着こなしの記事もご参考に!

    ■NY発 Milly(ミリー)
    Milly
    総レースの贅沢なドレス。でも、上品なエクリュ(生成り)色に、シャツカラー、袖付き、くるみボタンと、あくまで上品に仕上げています。スッキリとしたIラインで甘くなりすぎない。それでいて、他にはない存在感が立ちのぼります。これが他ブランドにはない「ミリー」だけの魅力なのです。54,600円 Milly


    ニューヨークのお嬢様ブランド「Milly(ミリー)」は、NYのファッションスクールの名門校、FITを卒業後、パリの「エルメス」「ルイ・ヴィトン」「クリスチャン・ディール」などで経験を積んだキャリアの持ち主。2000年に設立されたブランドです。

    デザイナーのMichelle Smith(ミッシェル・スミス)氏のスウィートでフェミニンなコレクションが人気を呼んでいます。お嬢様風エッセンスが入ったコレクションに、日本の女性の間でも「ミリー」ファンが急増中。デイリーに着回しができるところも支持されています。

    ※ミリーのブランド詳細着回しテクの記事もご参考に!

    この春、大人気のデイリーに気軽に着られるドレスが充実。次のページでは、誰よりも早く手に入れたい、ニューカマー・ブランドのドレスをご紹介します!