カラーコントロールで健康美肌をつくる

 イエロー、グリーン、パープル、ホワイト、いろんな色のコンシーラーやパウダーがあるけど、 どこに何色をつけたらいいか迷ってしまいますよね。ニキビ、シミ、しわ、くすみ、目の下のくま……ちょっとしたお肌のトラブルはカラーコントロールでカバーできます。

基本的には、自分の肌に近い「肌色」で、カバー力のあるコンシーラーやファンデーションを使います。カバー力では及ばないけれど薄づきで自然になじむようにしたいときは、カラーパウダーや液状コンシーラーを使って調整しましょう。




ニキビ シミ そばかす くすみ
目の充血 目の下のくま 小鼻のあかみ しわ


ニキビ
ニキビの強い赤みを消すには、「グリーン」「イエロー」「ベージュ」で。

ニキビは小面積で、しかも色みが非常に強いので、比較的カバー力のあるファンデーションやコンシーラーで全体的な色調を整え、さらに色が強く残った部分を補正する、二段階で調整するやり方が安全。

ニキビ部分はノリが悪くとれやすいので、あまり白く明るい色はのせないように。

赤みになじむ「やや暗めの肌色」にすると、時間がたってもニキビが浮かないし、
ニキビ以外の周辺の色をニキビに合わせて少し暗めのファンデーションにするとなおよいでしょう。


シミ
しみの面積が大きい場合は ニキビの場合と同じように、比較的カバー力のあるファンデーションやコンシーラーで全体の色調を整え、部分的に補正すれば、時間がたってもあまり浮きません。

全体的には、シミの暗さに近づけた「やや暗めの肌色」のファンデーションやコンシーラーで調整、シミ部分は「ベージュ」「イエロー」で明度を高く、また、「オレンジ」で血色をプラスしたり「グリーン」で赤みを消したりします。

ハイライトを入れられる部分であれば、仕上げに「ホワイト」「パールホワイト」を入れて全体に明るくぼかして。


そばかす
そばかすができるのは、大抵、ほおや鼻、おでこ、あごなど、顔の高い部分。紫外線を受ければ受けるほど、濃いそばかすが増えます。「明るいベージュ」「ホワイト」「パールホワイト」でハイライト効果とともに、細かな茶色いそばかすが肌に溶け込みます。


くすみ
暗く茶色いくすみには、明度の高い色で顔を明るくしましょう。「明るいベージュ」や「イエロー」で明度を高くします。これでは顔が黄色くなってしまう、グレーになってしまう人は、「オレンジ」あるいは「パープル」のどちらかを試してみて。血色よく健康的に見えます。

「目の充血」「目の下のくま」「小鼻のあかみ」「しわ」対策は、次のページ >>>

1 | 2


[ 関連サイト ]
メイク・コスメサイト

ファッション・ビューティチャネル
For Lサイト (for lady 働く女性の快適エッセンス)