スーパー戦隊のボディカラー
ヒーローの色であなたの性格がわかる?


スーパー戦隊のボディカラー

あの懐かしのヒーローを覚えていますか?『ゴレンジャー』から『ガオレンジャー』まで、『スーパー戦隊シリーズ』が今また注目されています。

先日まで野生動物をモチーフにしたシリーズ第25作目『百獣戦隊ガオレンジャー』が放映されていましたが、一番最初の作品は、1975年石ノ森章太郎原作、NET、東映制作の『秘密戦隊ゴレンジャー』。それまで、ヒーローといえば影のある孤独なアウトローだったのですが、『ゴレンジャー』はカラフルなレンジャー隊という画期的なヒーロー像を作り出しました。

「アカレンジャー」「アオレンジャー」「キレンジャー」「ミドレンジャー」「モモレンジャー」の名前の通り、「アカ:赤」「アオ:青」「キ:黄」「ミド:緑」「モモ:桃」の各色のユニフォームを着た戦士が悪と戦うストーリー。「5人そろってゴレンジャー!」と名乗り、悪者「黒十字軍」をやっつける無敵のヒーロー。

この5つの色はドラマの重要なポイントだったらしく、オープニング主題歌「進め!ゴレンジャー」の歌詞にも、5つの色名と、それにちなんだ情景がしっかり挿入されています。(作詞:石ノ森章太郎)

初代『ゴレンジャー』のユニフォームの色は、その後現在に至るまで概ね踏襲されており、キャラクターの役割や性格とも関係がありそうです。そこで「スーパー戦隊」シリーズのユニフォームの色を調べてみました。

[ スーパー戦隊のユニフォームの色 ]

*登場回数 :歴代25戦隊のうちいくつの戦隊に登場したか
*割合 :登場回数/25 (%)                   


その結果、1位「赤」(100%)、2位「青」(100%)、3位「黄」(88%)、4位「桃」(80%)、5位「緑」(56%)、6位「黒」(52%)、7位「白」(24%)となりました。

必ず出てくる「赤」はグループのリーダー「青」は頭脳派で右腕として中心的な役割を担っています。「黄」は体格がよくてやや子どもっぽいところがある。「緑」は大人しく優しい。 「桃」は紅一点の女性戦士で、ときどき「黄」「白」の女性が加わり2人になることも。女性の「白」はユニフォームに「桃」のアクセントカラーが入ることがあります。

また、「黄」と「黒」を組み合わせたユニフォームや乗り物が時々みられます。

余談になりますが、Jリーグのユニフォームの色にも似たような色が見られます。きっとこれらは激しい戦いにふさわしい色なのでしょう。

次のページで、ヒーローのユニフォームの色をヒントに、あなたの性格を調べてみましょう!




関連サイト:スーパー戦隊シリーズ