そろそろ手帳の時期


毎年、この時期になると考え始める手帳のこと。1年間使うものだから、使いやすさやデザインなど、自分なりに納得できる最良の手帳を手に入れたい。今回ご紹介する手帳は、そんなこだわり派もうなること必死の1冊。さあ、早速ご覧あれ!

【CONTENTS】
Page1:革製品のエイジングと文具店のフライハイトのコラボ手帳
Page2:使い込んだときの質感も計算して設計したこだわり手帳 

革製品のエイジングと文具店のフライハイトのコラボ手帳


 Aging
システム手帳 19,950 バイブルサイズ/Aging×Freiheit(エイジング)
革製品のエイジングと、文具店のフライハイトがコラボして、革の良さと使い勝手をとことん追求したシステム手帳が完成しました。通常のリフィル式手帳に加え、メモ帳をセットすることができます。

 Aging
システム手帳 19,950 バイブルサイズ/Aging×Freiheit(エイジング)
コインやお札、大切なものも落とさないように収納するためにファスナーポケットもついています。更にカードポケット、そして隠れポケットなどなど嬉しい機能が盛りだくさん。

 Aging
システム手帳 19,950 バイブルサイズ/Aging×Freiheit(エイジング)
ペンフックがなくても収納出来るように、ペンポケットも装備。もちろんフック式のものもつけるなど細かいところまで心配りされていますので、打ち合わせの時など、これ1つと携帯電話を持てば、どこへでも出掛けられます。


次のページでは、使い込んだときの質感も計算して設計された手帳のこだわり箇所をお伝えします。