声に出して学べる家庭用英語教材BE-GO

ヘッドセットを使って発音できるBE-GO
英語を声に出して学べる教材
ベネッセ『BE-GO』
「ネイティブな発音に触れられる」
「こちらからのアクションに反応してくれる」
パソコンを使った学習は、英語学習に適していると言えます。

そんなパソコンソフトに、さらに音声認識機能も盛り込み、バランスよく英語力を鍛えてくれるのがベネッセの英語教材『BE-GO(ビーゴ)』です。

ヘッドセット(マイク付きヘッドフォン)から取り込まれるお子さんの声を、BE-GOの音声認識プログラムが自動診断。 ゲームで遊びながら、繰り返し英語の発音を聞く・話すことができる仕組みになっています。

ハンバーガーショップでの注文を体験『ビッグビルズバーガー』
ハンバーガーショップでの注文を体験『ビッグビルズバーガー』

上の画像は、レッツトークコースに収録されているゲーム『ビッグビルズバーガー』。 ハンバーショップで店員とのやり取りをバーチャル体験することができ、 お手本の会話を聞く、自分で注文してみる、トッピングやサイズなど応用編に挑戦するといったように、 ステップを踏んでレッスンしていくことで、実際に役立つ表現を無理なく身につけることができる仕組みです。

実際にガイドも挑戦してみたところ、5段階表示(0点~3点、スペシャル)の発音スコアで3点以上の点はなかなか取れませんでした(ちなみにガイドは英語の発音が苦手…)。 お手本を良く聞き、リズムやイントネーションを意識した発音を心がけることでスコアが上がるので、繰り返し学習することでネイティブな発音に近づいていけるでしょう。

身につくフレーズ、ソフトの詳細は次ページで >>


パパも「あっ、それ知ってる」と気づく教材(All About 子供のための英語によるBE-GOレビュー)
英語・外国語を学べるサイト・ソフト集

BE-GO ファーストフレンズコース(6~9歳向け)
BE-GO ステップアップコース(レッツトークコース修了者向け)