なぜ金、プラチナなの?

■どうしてる?使わないジュエリー
女性なら、きっといくつかジュエリーをもっているはず。若い頃に流行ったデザインや、キュートすぎるデザインのジュエリー、どうしていますか?今は、身につけられなくなった物も捨てられませんよね。中には、金、銀、プラチナなどの貴金属で出来たものもあるでしょう。

実はこれ、小さいけれど財産であり立派な資源なのです。
人類の歴史始まって以来、掘り出された金は、およそオリンピックプール3杯分。プール3杯分の金を、ジュエリーや金の延べ棒、コインだけでなく、電子部品など産業用にも使っています。プラチナも、ジュエリーに使われるよりはるかに多くの量が、化学、エレクトロニクスなどの産業に使われています。使う量が減る事はないのに、使える量には限りがあるのですね。

埋蔵量にも限りがあり、そのほとんどが採掘するのが難しい場所ばかり。地底深く眠る金を探し当てるのに、どれだけのコストと自然が壊されてしまうかを考えると、今ある貴金属を再利用する事が見直されています。

さらに、金の価格市場最高値更新!こんなニュースが飛び込んできました。ドル安でドルに変わる投資先として金にお金が流れ、金の値段が上がるとますます金再利用のニーズは高まりそうです。

■貴金属のリサイクル
そこで提案したいのが、地球とお財布にやさしい貴金属のリサイクルです。

使わない貴金属を、資源最利用のためにリサイクルに出し、そのお金で新しいジュエリーを買います。そして数年後、使わなくなればリサイクルに。消耗品のアクセサリーとは違い、輝きを失う事がない貴金属は、どんな小さな物でも資産価値が0になる事はありません。

お家のジュエリーをチェック!

地球の資源である金を身につける→リサイクル→新しいジュエリー→リサイクル

どうです?金がくるくる回っているのが、わかりますよね。新しいジュエリーを買う前に、お家にあるジュエリーを探しましょう。片方なくしたピアス、切れてしまった金のネックレス。意外と使っていないジュエリーってあるものです。

次に、とっておきたい物と手放してもいい物に分けます。とっておきたい思い出の品は、そのままとっておくか、使えるようにリフォームするかを考えます。使えなくなった貴金属も、価値が0になった訳ではありません。それぞれ1グラム=いくらの値段が毎日ついています。その資産を活かさないなんてもったいない!それこそ、宝の持ち腐れです。

どこでリサイクルする?