大丈夫? リスクは高い?

「飲んでしまったけれど大丈夫?」と担当医に相談すれば、たいていは「絶対に大丈夫とは言えません」と、言われるでしょう。これは、まず心配はないけれども、100%安全とは言えないという意味です。これは、どんな妊娠、出産でもあてはまりますよね。

医師の言葉は重いことは承知です。どの医師も慎重にお話しているはずですが、やはり「大丈夫」とは言えません。できれば、「大丈夫?」でなく、「リスク(危険性)は高いですか?」のように聞いてもらえると、医師も「リスクは高くないでしょう」とか、「まず大丈夫だと思いますよ」と答えてくれるでしょう。

それでも心配が募るようであれば「妊娠と薬情報センター」に問い合わせてみましょう。

妊娠中でも必要な薬は服用するのが基本です

一方、妊娠中に服用する薬に関してですが、「赤ちゃんによくないから、薬は服用しない」は誤った考え方です。赤ちゃんへの影響と、薬を服用しなかったときの影響を比較して、服用していた方がメリットが高いと考えられる時は、服用を続けるが原則です。

例えば、喘息や、てんかん、甲状腺機能異常、高血圧、糖尿病、最近では、パニック障害などのココロの病気の場合です。個人差があるので、担当医と内服の変更、継続などについてよく話してください。

治療上必要があって処方された薬に関しては、飲まないことで体調を悪化させることのほうが心配なので、自己判断で中止しないようにしましょう。 風邪の場合は、薬を飲んでも、飲まなくても、妊娠と胎児に直接影響はありません。その時の症状と、あたなの考えかたも尊重し、医師も薬を処方をするかどうかを決めるでしょう。

妊娠中は市販薬を服用するにしても、かならず医師に相談することが原則です。例えば、妊娠後半期の頭痛や発熱で、バッファリンやロキソニンなどの鎮痛解熱剤、腰痛にインドメサシン配合の塗り薬やもシップなどを自己判断で使用すると赤ちゃんの心臓に影響することがあるからです。

【関連記事】
服薬の時期と赤ちゃんへの影響
妊娠中に薬を飲まなければいけないとき
妊娠中に飲んだ薬が、もし危険な薬だとわかったら


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。