一言プラス! 愛され夫の「愛される帰るコール」術とは?

帰るコール
仕事オンリー夫の理解不足に幻滅し、塞ぎ込んでしまうことも……
毎日の帰宅時間はおろか夕食がいるのかすらわからずやきもきする妻がいるとしたら、彼女は夫の身勝手さに憤慨し、妊娠・出産・育児という大仕事に少なからず不安や孤独感を感じていることでしょう。

そんな妻のストレスを和らげ、夫婦関係に好影響をもたらすのが夫からの1本の電話やメール。つまり、「帰るコール」です。前ページでは「せめて帰宅時間が遅くなるときには帰るコールを!」と書きましたが、このページではその先のテクニックを。

確かに何も連絡しないよりは、「今から帰るよ」や「ごめん、今日は遅くなるよ」だけでも問題ないかもしれませんが、それだけでは愛され夫になるにはやはり不十分。実は世のワンランク上の愛され夫たちはビジネスの様々なシーンにあわせ、さりげない一言(一文)を加えて愛され夫の座を勝ち取っているのです。具体的には、もしも早い時間に帰れるのであればこんな「帰るコール(メール)」がおすすめです。

■シーン1:定時に帰れそうな予感する昼休み
  • 今日は早く帰れそう! 日用品の買い増しなどあればメールで教えて!
  • 今日はノー残業! ベビーのお風呂は任せて!
  • 今日は定時で帰ります! 今夜は週末の予定でも相談しようよ!
  • 珍しく早く帰れそう!ところで突然ですが、外食なんてどう?etc.
いかがでしょう? たった一言を付け加えただけで、ただの「帰るコール」が「ハッピー帰るコール」に生まれ変わる典型的な例です。

定時退社なら時間的にも余裕がありますから、日用品や夕食の食材などの買い物を引き受けたり、育児シェアの意思を伝えるメールが喜ばれるのは間違いありません。さらには週末の予定を相談しようと誘ったり、思い切って外食へ誘うというサプライズも面白いですよね。

でも、こんな「ハッピー帰るコール」ができるのは月イチがいいところ。サラリーマンの日常は深夜残業や突発的な接待(飲み会)も多いのが現実です。そんなときも、世の愛され夫たちは可能な限り「ハッピー帰るコール」への工夫を忘れません。次ページへ続きます。

>>残業や突然の飲み会が続いても妻に愛される「帰れないコール」術とは……>>