認可保育園入園を控えて、さまざまな資料を揃えたり、提出したりする時期になると、特に入園についての相談を受けることが増えてきます。そこで、数回に渡って、保育園入園相談シリーズを掲載します。今回は「育児休暇と子どもの保育園入園の関係」についてです。


育児休暇明け1歳復帰が難関

1歳児イメージ
かわいい我が子。4月に保育園には入れるのだろうか……

首都圏や関西圏などの都市部では、相変わらず待機児童が多く、認可保育園に入園したくてもすんなり入園できない人が大勢います。特にここ数年、育児休暇制度が充実してきたことで、生後最低でも1年ほど育休を取得する人が増えてきた結果、逆に難関になりつつあるのが1歳での入園です。それは、1歳児になった時に空いている枠が少ないため。

ほとんどの園が0歳から入園できるようになってきていることは保育の充実という面からはありがたいのですが、0歳から1歳に上がる時に増える定員の人数はごくごく限られています。そこで1歳から入ろうとすると、これまで0歳から入っていた子が転園・退園するのを待つしかない、といったことも出てきます。

ただ、中には0歳から1歳に上がる時に定員が倍になるような園もありますし、0歳がない1歳からの園(通称「ゼロ無し園」と呼びます)もあります。育休明けの1歳から入園するにはそういった園を狙うことです。