昭和系喫茶が今も残る名古屋

喫茶店王国・名古屋。市内には、古き佳き時代の香りを漂わす喫茶店が今も少なくありません。レトロな風情とコーヒーの香りに誘われて、昭和へタイムスリップ!

都心の大通りに面した
昭和33年創業のタイムスリップ喫茶

■ ライオン (栄)

名古屋のメインストリート、広小路通り沿い。入口のライオンにも注目!

名古屋のメインストリート、広小路通り沿い。入口のライオンにも注目!

繁華街・栄のメインストリート沿いに、こんな年季の入った喫茶店が残っていたとは!
「ライオン」は昭和33年オープン。実に半世紀以上の歴史を誇ります。

2階建ての洋館風の外観(でも店は1階だけ)、鉢植えやライオンの置物が出迎えてくれるアプローチ、うなぎの寝床のように奥に長~い店内。インテリアは大理石製の狛犬や、なぜか壁には七福神に浮世絵、タージマハルのモザイク画、見るからに年代もののテレビに柱時計。統一感がビミョ~な和洋折衷にも昭和らしさを感じます。

渋~い店内。中央には日本のライオン(獅子)、狛犬が

渋~い店内。中央には日本のライオン(獅子)、狛犬が

メニューはドリンクにトースト・サンドイッチ類、パフェなどの甘味類がなかなか豊富に揃っています。名古屋の喫茶店はスパゲティや定食など食事系を充実させた店が多いのですが、ここはいかにも正統派純喫茶らしいラインナップです。

ランチはコーヒー(ミルクか紅茶も可)+フルーツ+サンドイッチ+ゆで卵で650円。サンドイッチの替わりにトーストなら500円

ランチはコーヒー(ミルクか紅茶も可)+フルーツ+サンドイッチ+ゆで卵で650円。サンドイッチの替わりにトーストなら500円

コーヒーのおつまみがゆで卵というのも面白いところ。名古屋の多くの喫茶店は、コーヒーを注文するとピーナッツやプチケーキをおまけにつけてくれるんですが、ここではゆで卵がもれなくついてくるんです。しかも、湯せんして常に温かい卵を出してくれるのにも心配りを感じます。

「隣に東急ホテルがあるから、東京や遠方からのお客さんもよく来てくれるんですよ。皆さん、“東京にももうこういう店は残っていないよ”と驚いたり喜んでくれますね」とおっしゃるマスターの蝶ネクタイ姿も最近じゃなかなか見かけません。


ほの暗い店内で苦みばしったコーヒーをすすっていると、街の喧騒ばかりか時の流れさえをしばし忘れてしまいます。心穏やかにしてくれる都心のレトロ喫茶です。

・ 住所:名古屋市中区栄4-6-4
・ TEL:052・241・8710
・ アクセス:地下鉄栄駅より徒歩5分
・ 営業時間:7時~19時
・ 定休日:日曜(祝日の場合営業)
Yahoo地図情報