「モニタは映像を表示するだけの機器なので、使い勝手に違いはない」と思ったら大きな間違い。画質設定のメニュー画面の使いやすさといったニッチな使い勝手の違いもあるが、それよりも大きいのは「付加機能」だ。

特にチェックしたいのが、画面を90度回転して縦長表示にできる「ピボット機能」や、水平方向に角度調整できる「スイベル機能」、垂直方向に角度調整できる「チルト機能」だ。角度を調整できないと、見づらいと思ったときに困ってしまう。

続いてチェックしておきたいのは、接続端子だろう。DVI搭載は当然として、アナログRGB端子やHDMI端子を備えていれば、複数の機器を接続しても手軽に切り換えられる。HDMI端子を備えていれば、AV機器の接続も容易だ。

そのほか、USBハブ機能を備えているモニタもある。「USBハブは別途購入すればいいので、モニタに付属している必要はない」という人も多いかもしれないが、あると便利な機能であることは間違いないだろう。スピーカー内蔵かどうかも必ずチェックしたいポイントだ。

【ガイドお薦め機種】
・マウスコンピューター ProLite B2409HDS
HDMI、DVI、アナログRGBの3系統入力を備える、TN方式の23.6インチフルHD液晶モニタ。視野角があまり広くないなどのマイナス面はあるものの、PC用途としては十分だろう。ピボット、チルト、スイベル機能を搭載しており、スピーカーも備えるのが魅力。


・NEC MultiSync LCD-EA241WM
DVI、アナログRGBの2系統入力を備える、TN方式の24インチワイドUXGA液晶モニタ。ピボット、チルト、スイベル機能を搭載しており、スピーカーやUSBハブ機能も備える。

>>MultiSync LCD-EA241WM [24.1インチ](価格.com商品ページへ)




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。