液晶モニタを画質で選ぶなら、VAまたはIPS方式のものを選ぼう

画質で選ぶなら、「VAまたはIPS方式」のパネル搭載モデルを選びたい。静止画画質や広視野角という意味ではIPS方式がお薦めだが、VA方式は黒の締まりがあり、コントラスト比が高いという特長がある。また、VA方式の方が選択肢がはるかに幅広い。VA方式を選ぶ場合は、応答速度を向上する「オーバードライブ機能」を搭載しているモデルを選べば、満足のいく画質が得られるだろう。

【ガイドお薦め機種】
・ナナオ FlexScan S2242W-H
オーバードライブ機能搭載のVA方式液晶を搭載する22インチワイドUXGAモニタ。アドビが提唱する色空間「Adobe RGB」カバー率95%の広色域を実現している。

>>FlexScan S2242W-HBK [22インチ](価格.com商品ページへ)

・三菱電機 RDT262WH
広視野角H-IPSパネルを採用する25.5インチワイドUXGAモニタ。Adobe RGB比約107%(カバー率約97%)の広色域を実現しており、正しい色に設定するハードウエアキャリブレーションツールも付属する。プロ向けのハイスペックモデルにしては値頃なモデルと言える。

>>Diamondcrysta Color RDT262WH [25.5インチ](価格.com商品ページへ)

モニタ選びの3つのポイント:2. 大きさで選ぶ


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。