現在、パソコンのトレンドとしては場所をとらず気軽に使えるノートパソコンが主流となっています。デスクトップパソコンはノートパソコン用の部品を採用した小型のものが主流となっており、昔ながらの大きな筺体のデスクトップパソコンは少なくなっています。

デスクトップパソコン
このような大きな筐体のパソコンは少なくなった

また、総じて消費電力が少なくなっていることも見逃せません。特にCPUについては一つのCPUに複数のコアを持つマルチコア化してから一気に消費電力を下げました。

比較的消費電力の大きいデスクトップパソコンはノートパソコンの部品を採用した省電力型のものと、電力消費は大きいが性能を重視したものに分かれています。

さらに価格の安いネットブックと呼ばれる小型ノートパソコンも人気を集めています。性能や画面サイズに大きな制約がありますが、2台目としてや持ち運び用としての需要が高いようです。これはパソコンが特別なものではなく、生活に浸透してきた証拠かもしれません。

ネットブック
ネットブックは2台目需要で人気を集めている

そのほかの機能としてとしてはワンセグ、もしくは地デジチューナーを搭載したものが多くなっています。また、それらのモデルには光学ドライブにブルーレイを採用しているものもあり、デジタル放送番組を視聴から録画まで楽しむことができます。

地デジ対応パソコン
地デジテレビ機能と録画機能を備えたAVパソコンが多い



まとめ


【デスクトップパソコン】
地デジチューナーを内蔵し、コンパクトなタイプのものが主流。
動画編集などに対応するために非常に性能の高いタイプもある。

より詳細な情報はこちらからどうぞ。 → デスクトップパソコン

【ノートパソコン】
ワンセグや地デジ機能を備え、デスクトップに迫る性能を備えたもの。
ネットブックと呼ばれる機種は、2台目パソコンとしての需要が高い。

より詳細な情報はこちらからどうぞ。 → ノートパソコン


次はデスクトップとノートのどちらを選ぼう?>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。