こんにちは、ルークです。

人には「向き不向き」というものがあります。たとえば、頭の構造が文系なのに理系の授業を取って完全に落ちこぼれてしまった私のように・・・。株式投資も性格的に向いていない人も当然いるわけです。さすがに証券会社もその実態を把握しているので、株式投資の口座を開設する際にその適性を聞く質問を記入するアンケートの記述を義務付けています。適性ではないということで口座を開けないことはありませんが、その適性結果を素に、証券会社の営業員はその投資家に勧める商品(株がいいのか債券がいいのか等)のリスク許容度を測るわけです。

というわけで、今回はあなたが株式投資に向いているのか適性を診断してみましょう。

株式投資を始めるにあたっては、いくつかチェックすることがあります。順を追って診断していきましょう。


株式投資に向いていますか


まず1つ目は、自分が株式投資に向いているかどうかチェックすることです。もし性格的にあまり向いていないようであれば、無理に株式投資をしない方がよいでしょう。性格的にあまり株式投資に向いていない人が株式投資をすると、損をすると向きになって投資判断を狂わしたり、損をして日常生活に支障をきたしてしまうほど落ち込んでしまったり、人格を変えてしまう可能性もありますので注意してください。

というわけで、あなたが株式投資に向いているか下のサイトでチェックしてみてください。(ちょっとお遊び的な質問が多いですが、気にせずやってみてください。

http://www.e-stockmarket.net/check.html


さて、あなたは何%の適性でしたか?ちなみに私は「貴方は51%です。あなたは普通の投資家です。投資に対する基礎的な知識や熱意があります。ただ,適性は疑問符が付きます。長期的視野で優良株中心の投資がお奨めです。投資は自己責任で。」という診断をいただきました。適性に疑問符がついてしまいました。もしかすると、この仕事は向いていないのかも・・・。


適性が出た人へ/デイトレーダーへの適性は?


では、上の診断で株式投資への適性が出た人へ。では、あなたがデイトレーダーに向いているかどうかを診断してみましょう。ちなみにデイトレードとは読んで字のごとく1日で売買を完了させてしまう株取引です。大きな利益を上げることは出来ませんが、コツコツと小さい利益を上げることが出来ます。しかし、このデイトレードは、1日株式市場を見ていなくてはいけませんし、株式市場とトレード技術および戦略に関する知識が要求されます。より玄人向けの投資方法といえるでしょう。では、あなたはデイトレーダーに向いているかチェックしてみてください。グレイルという会社の診断サイトです。

http://www.grail-legends.com/sindan/


さて、どんな診断が出ましたか?ちなみに私は「貴方はデイトレーダー適性60%です。株式投資は性格的にも向いているでしょう。とりあえずは約一ヶ月の短期投資主体で数日で手仕舞うスイングトレードを勉強してください。スイングトレードが身に付けばとりあえずは株で生計を立てる事は可能でしょう。グレイルのネットメール会員になって勉強すればプロトレーダーになれる可能性は充分あります。頑張ってください。」という診断でした。少し自社の宣伝っぽい診断ではありますが、いずれにせよ、まだまだ勉強が必要だということです・・・。


株にいくら突っ込むべきか


では、最後のまじめな診断です。これまでの質問で適性が少しでも出た方は、この診断をしてみて下さい。あっ、デイトレーダーの適性値が異常に高く「これからはデイトレーダーとして第2の人生を歩む!」と決意された方はこの診断は必要ないかもしれませんね。

http://www.fidelity.co.jp/fij/plan/asset/asset_a.html

さて、あなたの株式への投資割合はいくらでしたか。ちなみに私は「安定型。金融資産の20%を株式に投資する、5つのアセット・アロケーションの中では比較的リスクが低いタイプです。投資期間が短い方や、資金の元本確保を重視したいと考えている方にふさわしいでしょう。」ですって。本当は仕手株が大好きなんですが・・・。



株式投資といっても、人それぞれ投資の手法が違うことが理解いただけたでしょうか。冒頭にも放したとおり、株式投資においては適性を知ることも大事な作業のひとつです。これにより、自分がどのような手法で、どのような金融商品(どんなタイプの株)に投資をするのが適しているかを見定めてください。


以上、ルークでした。