なぜお金を貯めるの?

人はなぜお金をためるのでしょうか。たぶん「不安を解消し、夢を実現し、充実した人生をおくるため」でしょう。金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(平成19年)では、20歳代~40歳代の目標は「病気や不時の災害への備え」「子どもの教育資金」のため、50歳以降は「病期や不時の災害への備え」「老後の生活資金」でした。
「貯蓄の目的」(金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」平成19年を参考に作成)<br />19年
家計の金融行動に関する世論調査」(平成19年調査結果)金融広報中央委員会を参考に大沼が作成した

2009年3月、不況の影響は正社員に及び、希望退職やリストラが表面化してきました。将来への漠然とした不安を誰もが抱き、改めて「病気や不時の災害への備え」の必要性と重要性を感じます。どうしたら貯蓄できるのか、どのような金融商品を利用するといいのか、考えて行きましょう。

「目的・目標額・期間を明確に決めよう
勤労者財産形成貯蓄
積立定期預金、積立定期貯金、定期積金