◆ファミリーマート他
ファミリーマート、サンクス、ミニストップ、サークルK、スリーエフ、デイリーヤマザキ、ポプラ、生活彩家、セーブオン、コミュニティストアの10のコンビニでは、「イーネット」という共通のATMが設置されています。イーネットはコンビニ9社、銀行32社のほか、保険会社、リース会社、警備会社などが出資しているため、利用時間や手数料が有利になる提携銀行が多数あります。

地方銀行・信託銀行などは、他のコンビニでは提携していないところも多いですが、ここでは手数料無料サービスを行っているところも多いです。提携銀行では出入金、振込等の独自のサービスが利用できます。そのほかの銀行はMICS(全国キャッシュサービス)を通じて出金、残高照会が利用できます。



◆am/pm
コンビニの中で最も早くATMを設置したのが、このam/pm。「@BANK(アットバンク)」と呼ばれており、三井住友銀行が管理しています。つまり、三井住友銀行の口座を持っている人から見たら、自行ATMが24時間使えるということ。平日昼間は出金手数料が無料で、出入金、残高照会、振込のほか、カードの暗証番号変更までできます。

提携している銀行はソニー銀行ジャパンネット銀行の2つ。三井住友銀行と同様のサービス内容ですが、ソニー銀行は月4回まで、ジャパンネット銀行は、預金残高、利用状況に応じて最大月6回まで出金手数料が無料、それ以外は所定の手数料がかかります。

そのほかの銀行はMICS(全国キャッシュサービス)を通じての利用となります。平日8時~21時、土日祝は9時~17時まで、出金、振込(都市銀行・IYバンクのみ)、残高照会が可能。ただし、一部の銀行を除き他行利用手数料、時間外手数料が必要です。



◆銀行独自のサービスもチェックしよう!
新生銀行はすべてのコンビニATMにおいて、出金、残高照会の手数料が無料です。そのほか、総合口座の残高や取引状況によってコンビニATMの手数料が無料になるサービスを実施している銀行も多いので、そちらも合わせてチェックしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。