「旅行者でもハワイで預金口座が作れる(ハワイの銀行で預金口座を開く)」と聞いても、旅行中にそんな時間が取れるのか?何を持っていけばいいのか?など大切なお金を預けるとなると不安はいろいろでてきますね。何度も訪れている国でも、行動をおこすのは勇気がいるものですし、そもそも日本でも金融機関に足を運ぶのは腰が重いという人が多いのではないでしょうか。
そこで、実際のところはどうなのか、ガイド上野はハワイで預金口座を作ってみました。

セントラル・パシフィック・バンクへ


訪れたのはセントラル・パシフィック・バンクのワイキキ支店。ハイアットリージェンシーホテルの隣なので、旅行者でも見つけ易い場所です。
当日持参するのは預け入れる現金(またはトラベラーズチェック)とパスポート。私は米ドルの手持ちがあまりなかったので、日本円をその場で両替してもらって預金することにしました。

日本語の話せるスタッフが個別ブースで応対


中に入るとカウンター手前に待合用のソファとテーブルがあり、そこに「名前を書いてお待ちください」と日本語で書かれた用紙がおいてありました。私と友人はそこに名前を書いて待つこと15分。個別ブースに案内され、日系人の女性スタッフから口座の説明を受けました。あとでお聞きしたのですが、この女性スタッフの方は60歳を過ぎており、一度子育てのために会社を辞めましたが、最近になって再びパートで勤務しているとのこと。専門職として顧客の対応をすべてまかされ、生き生きと働いている姿がとても印象的でした。

ショッピングに便利な当座預金のチェックカード


「普通預金口座を作りたい」と伝えましたが、「当座預金の説明もさせてください」と当座預金と普通預金の違いを説明してくれました。
普通預金は日本の普通預金と同様ですが、当座預金は小切手を使って支払う場合に必要な口座です。小切手など使わないのに…と思っていたら、チェックカード(当座預金のキャッシュカード)も一緒に申し込むと、そのカードと暗証番号でデビットカードと同じように即時払いで買い物ができるとのことでした。日本では普通預金のキャッシュカード=デビットカードですが、こちらでは普通預金ではできず、当座預金の口座が必要なのだそうです。
ワイキキにたくさんあるABCストアでも小銭を出さずにチェックカードで買い物できるとのことだったので、持っていると便利かなと、当座預金も作ることにしました。
普通預金と当座預金との資金移動はインターネットからできます。

次のページは「最低預入金額」「申込書の記入」「帰国後カード到着」です。