どちらを選ぶ?


今、手持ち資金に100万円あったとします。「次のどちらかの金融商品で運用してください!」といわれたら、どちらを選択しますか?

* * * * * * 1年目 2年目 3年目 4年目
金融商品A 7% 7% 7% 7%
金融商品B 15% 20% -20% 15%


金融商品 Aは?


金融商品Aは毎年安定的に7%で運用されています。つまり、1年で7%の運用益があり、4年分を合計すると28%になります。

金融商品 Bは?


一方、金融商品Bのリターンは年15%や年20%にもなる年があります。ただ、4年のうち1年だけ20%も値下がりをしています。運用益を計算すると、15%+20%?20%+15%=30%になります。

金融商品A VS 金融商品B では、(4年勝負の場合)3勝1敗で金融商品Bに軍配が上がっています。

では、実際に100万円を投資してみたら・・・

金融商品A

安心
ハラハラしなくて安心~~!
1年目 100万円投資  7万円の利益
2年目 100万円投資  7万円の利益
3年目 100万円投資  7万円の利益
4年目 100万円投資  7万円の利益

合計で28万円の利益!!

金融商品B

スリル
スリル満点でオモシロイ~~!
1年目 100万円投資  15万円の利益
2年目 100万円投資  20万円の利益
3年目 100万円投資  20万円の損失
4年目 80万円に減った資金に、2年目の利益20万円を充当し100万円を投資すると、15万円の利益・・・

合計で30万円の利益!となり、確かに金融商品Bの方が勝つことになります。ここでは、猛スピードで儲ける“ウサギ運用”の方がよさそうですが・・・

実は、これは、毎年、年初に買って、年末に売るというような運用した場合の結果です(毎年、利益を確保したという意味で、単利運用)。