TOBなどの専門用語がお茶の間に登場!

新株予約権って何?
ライブドアによる買収に関するニュースでは、難しい専門用語が飛び交っています。新株予約権とは何でしょう?
ライブドアによるニッポン放送の敵対的買収関連のニュースが頻繁に報道される中、「TOB」「ポイズン・ピル」などの専門用語が食卓で飛び交うほど身近な話題になっていることは、投資・金融に関心を持つ上で格好の材料かもしれません。

ライブドアが買収資金を調達するために使ったのは「新株予約権付社債」。ニッポン放送がフジテレビに割り当てたのが「新株予約権」。「なんだか、紛らわしい~」と思われた方も多いのではないでしょうか?

新株予約権はバブル期に既に一世を風靡!

実は、バブル期にとても人気の高かった金融商品「転換社債(CB)」「ワラント債」の名称が、2002年の商法改正で「新株予約権付社債」に変わりました。まず、この2金融商品について理解すると、新株予約権が理解しやすくなります。

転換社債(CB)とワラント債の違いは

どちらも会「社」が発行する「債」券(=社債)です。この社債には、「株式をあらかじめ決められた価格で取得する権利」がついています。

CBは?

「CBって何?」の記事のとおり、(詳しくはこちらをご覧下さい



でした。

つまり、社債か株式のどちらか一方しか保有できません。

ワラント債は?

 

* * * * * * * * * * * * *



という状態になります。

例えば、このワラント債に「1株1000円で1000株購入できる」権利が付いているとします。この権利を使う(行使する)と、100万円(1000円×1000株)を別途払い込むことによって、1000株の株式を受け取ることができます。つまり、「社債」と「株式」を保有した状況になっています。もちろん、行使しなければ(放棄すれば)、社債のみの保有ということになります。