引っ越しにかかる費用とは?金額の目安は?

春は結婚や転勤、新築マンションの入居などが多い季節。そろそろ引越しの準備を始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

真新しい新居に2人の家具のレイアウトを考える……新生活準備の楽しみでもあります

真新しい新居に2人の家具のレイアウトを考える……新生活準備の楽しみでもあります


「仕事をしながら引越しの準備をしなくてはいけないので、出来るだけ手間を省きたい……けれど、費用も節約したい……。」そんな共働きご夫婦のために、今回は引っ越しにかかる費用について、調べてみました。ぜひ参考になさってください!

こんなにかかる! 新居の賃貸契約費用

新婚さんはもちろん、カップルが新生活をスタートさせるには、まず物件探しから始まります。不動産屋さんで賃貸契約をする際には、どのような費用がかかるのでしょうか。一般的な例を挙げてみましょう。

■敷金(保証金と呼ぶ地域もあります)
家賃の滞納が生じたときに、代わりに充てるお金のこと。退去時に、原状回復のための費用として、敷金からいくらか差し引かれることもある。通常、家賃の1~2か月分。

■礼金(敷引きと呼ぶ地域もあります)
大家さんに謝礼として支払うお金。(退去時には返金されません)通常は、家賃の1~2ヶ月分(「礼金0」などとしている物件もあります。)

■仲介手数料
不動産会社に支払う手数料。通常は、家賃の1か月分+消費税。

■前払い家賃:これから入居する部屋の家賃を1ヶ月分前払いする。

■日割り家賃
月の途中で入居する場合は、その月の家賃を日割り計算して支払う。

■損害保険料
火災や水漏れ、盗難などが発生した際に補償をするため、借家人賠償責任保険付き火災保険などに加入。(補償内容によって差があるが、2万円前後)

仮に家賃10万円(管理費3千円)の部屋を借りた場合で試算してみましょう。
・敷金(2ヶ月):10万円×2=20万円
・礼金(2ヶ月):10万円×2=20万円
・仲介手数料(1ヶ月+消費税):10万円×108%=10万8千円
・前払い家賃(1日から入居した場合=1か月分):10万円+管理費3千円
・損害保険料:今回は2万円で試算
・合計=63万1千円!

入居する前に、こんなにかかるの!?と驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。物件によっては、礼金が不要というものや、敷金・礼金それぞれ1ヶ月分でいい、というところもありますが、2人の予算や物件に対する希望条件のすり合わせが重要になってくる部分だと思います。

引越し業者、どう選ぶ?

希望の物件に住むために、賃貸契約費用はやむを得ないとしても、せめて引越しにかける費用は節約をしたい! という方も多いと思います。最も低価格で済ませるには、荷造りから運送まですべて自分(家族)達で済ませる方法です。けれども、荷物の量や大きさ、移動距離などを考えると、運送会社を利用した方が安心、というケースが多いと思います。

引越し見積もり・予約サイト「LIFULL引越し」が2015年1月に実施した調査によると、引越しをしたことがある人が、その引越し会社を選んだ理由は、主に以下のようなものでした。

「LIFULL引越し」HPより、ガイド平野が図表作成

「LIFULL引越し」HPより、ガイド平野が図表作成


最も多かったのは、「費用が安かったから」:59.8%で、6割近くの方が理由に挙げていました。次いで、「有名な会社だったから」:31.3%、「見積もりにきた営業担当者の対応がよかったから」:29.1%と、3割近くになっています。費用は安いに越したことはありませんが、荷物を安全に迅速に運んでくれるかどうか、スタッフの雰囲気が良いかどうかは、とても大切です。きちんとした会社かどうかが気になる、というのが2位と3位に表れているのでしょう。口コミや過去のご自身の経験が、5~7位を占めているのも納得です。

引越し会社に払う費用は?

基本的な引越し料金の計算方法は、次のようになっています。

運送費+作業員(運転手・運送)の人件費+梱包費
+保険料(+オプション料)

カップルに多い、2LDK分の荷物だと4tトラック(ロング)あたりが多いのですが、作業員の人数は、荷物量だけでなく、新旧の部屋の階数やエレベーターの設置状況などによって変わってきます。インターネットで複数の引越し業者に見積もりを依頼することも出来ますので、ぜひ利用してみてください。

■その他の確認事項

●オプション:ピアノ運送やエアコン脱着、BS等のアンテナ脱着、ハウスクリーニングなどが該当します。引越し業者にオプションとして頼む方法と、個別に各専門の業者へ依頼する方法があります。

●追加料金(延長料金):引越し当日、作業に予想以上の時間がかかった場合などに、追加料金が発生することもあります。見積りの際には、必ず確認しましょう。

●キャンセル料金
:引越し依頼そのものをキャンセルするだけでなく、日程を変更した場合にキャンセル料金がかかることがあります。見積りの際、これも確認しておきましょう。

●支払い方法:引越し作業の前に支払うのか、終了後に支払うのか、また、現金支払いなのか、クレジットカード払いができるのか、事前に確認をしておきましょう。

私たちにもできる、エコロジーな引越し方法があります!

私たちにもできる、エコロジーな引越し方法があります!


引越し費用の節約は、環境にも優しい!?

最近、地球環境に配慮した引越しも注目されています。リサイクルやリユース(再利用)をすると、お財布にも地球にも優しい引越しができそうですね。

■できるだけ不要な荷物は減らそう
引越しは、荷物の整理整頓にいい機会でもありますので、不用品の整理をしてみましょう。単に捨てるのでは、ゴミになるだけだったり、粗大ゴミ処理手数料がかかったりしますが、まだ使える物でしたら、リサイクルショップを利用するのも、いいかもしれません。

ブックオフ「宅本便」古本買取サービス:読み終わった本や鑑賞後のCD、DVDなど、ネットで申し込むと、送料無料で自宅へ集荷に来て買い取ってくれるサービスがあります。

■ダンボール箱もリユースしよう!
新品の場合は、1個200~300円するものでも、中古でよければサービスしてくれるという引越し業者もあります。また、近くのスーパーなどで使い古しのダンボールをもらってくる方法もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。(引越し終了後に、使い終わったダンボール箱を回収してくれる業者もありますので、確認してみましょう)

日本通運「えころじこんぽ」:ダンボールに梱包せずに、直接食器などをクッションのあるケースに詰める方法を取り入れています。

■引っ越し料金の割引制度を活用しよう!
同じ業者でも、平日や閑散期に依頼をすると大分安くなることがありますので、見積りの際に確認してみることをオススメします。また、新婚さんの場合など、2人がそれぞれの実家や前の部屋から引っ越してくると、通常は1人分の料金×2になりますが、同じ引越会社に2人分の依頼をしたら、サービスをしてくれた、という業者もありました。春は結婚シーズンでもありますので、新婚さんは特にチェックしてみてはいかがでしょうか。

住所変更の手続なども、便利な方法があります!

住所変更の手続なども、便利な方法があります!


忙しい2人のための時間節約術!

本当は自分たちで出来るだけ作業をして、コストを低く抑えたいけれど、共働きで忙しい2人にとっては、時間的に厳しいと思います。入退去時に部屋の掃除をしてくれるハウスクリーニング業者など、さまざまなサービスを行う業者がありますので、利用してみるのも良いでしょう。

■引越し後の各種手続きも手間を省いてみよう!
引越しが終わって、荷物の整理もついてホッと一息したいところですが、意外と大変なのが金融機関や各種公共料金などの住所変更手続きです。特に、昼間勤めている人は、手続きにかける時間も節約したいですね。銀行や保険会社などは、インターネットで手続きが完了するところや、住所変更の書類を郵送してくれる会社がありますので、ぜひ取引している金融機関のHPをチェックしてみてください。また、引越し業者の無料オプションサービスなどもチェックして、利用するのもいいでしょう。

アート引越しセンター:ワンストップサービス(無料でNHKや電力会社等への手続きを代行するサービス)など
日本通運: アシスタンスサービス(新居近くの夜間・休日担当医の案内、緊急時の医療相談や近所迷惑で悩んでいるなど、弁護士による15分無料電話相談など)
東京電力エナジーパートナー提供「引越れんらく帳」:一度住所を入力するだけで、公共料金やNHK、クレジットカード会社、プロバイダーなど、複数の住所変更手続きを完了することが出来ます。

時間と費用のやりくりは大変だと思いますが、2人の新生活に向けて、効率よくステキな準備ができますように!

【関連リンク】
●共働き夫婦、新生活準備にいくらかける?
●賃貸で実現!? 理想のワークライフ&マネーバランス
●賃貸暮らしのライフプランの注意点は?
●All About引越し
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。