入園・入学・卒業・就職祝いに関しては、品物を贈るのが本来のかたちで、平均的相場は1万円です。親類など身内で贈り合うのが基本ですが、親しくお付き合いをしている間柄であれば友人・知人間でも贈ることはあります。その関係性において金額は贈る方の気持ち次第で増減します。

のし紙・金封とも、水引は紅白で蝶結び(=花結び)が基本で、金封には、あわび結び(=あわじ結び)も使えます。


入園・入学祝いを贈る時期

入園・入学祝いイメージ
 
入園・入学祝いは、入園・入学先が決定してから、入園・入学式の1週間前頃までには贈ります。表書きは、「入園祝」「御入園御祝」「祝 御入園」「入学祝」「御入学御祝」「祝 御入学」「御祝」などが使われます。

入園や入学は、無事に成長したお子様が、新しい社会の階段を一つ一つのぼっていく人生の節目となる時期で、親御さんはもちろん親類縁者ともども大変喜ばしい行事であり、親しい方々も大いに祝ってあげたいものです。

贈る品物は、各年齢に応じ、文房具や絵本、図鑑、地球儀など学業に役立つ実用的なものや、図書カード、こども商品券といった好きなものを購入いただけるものも喜ばれます。またバッグやランドセル、洋服や雨具などの通園・通学の必需品も人気ですが、幼稚園や学校で指定されていることもありますし、親戚の方から既に贈られている場合もありますので、重複しないよう、事前に望まれる品を聞いていた方が無難です。

大学に進学し、一人暮らしとなり自炊などを始める方に贈る場合は、炊飯器やオーブントースター、コーヒーメーカー、掃除機などの家電や新生活応援グッズなども喜ばれます。


入学祝いのお返しの時期

基本的にお返しは不要。ただ礼儀として、お礼状や電話で感謝の気持ちはすぐに伝えましょう。内輪の祝宴に招く場合は、当日の会食がお返しとなります。招かない方へ、タオルなど心ばかりの返礼の品を贈る場合は「内祝」として、1週間以内に送ります。

また、先方にもお子様がいらっしゃる場合は、同様のお祝い時に贈答することで先方へのお返しに代えることもあり、その都度返礼せず、お礼の挨拶だけにとどめておくこともあります。