6月4日、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の施行に合わせて、「フラット50」の取り扱いがスタートしました。フラット50は、長期優良住宅を融資の対象とする、最長50年のローンです。

当初、50年という期間の長さから、「子どもに引き継いで完済することを条件とする」といった案も出ていたようですが、フタを空けてみたら子どもに引き継ぐといった条件はナシ。あくまでも本人が返済することを前提としたノーマルな形に落ち着いた模様。それにしても50年は長い! いったいどんなローンなのでしょうか。

【記事のインデックス】
44歳以上は対象外! ……1P目
借入れは60%以内! ……1P目
フラット50はローン付きで売却可能! ……1P目
利息負担の重いフラット50 ……2P目
フラット50利用にはメリットも ……2P目

44歳以上は対象外!

フラット50を検証!
      フラット50を検証!
フラット50を申し込めるのは、申込時点の年齢が満44歳未満の人。つまり、44歳以上の人は対象外!ということです(但し親子リレー返済を除く、また完済年齢は満80歳未満)。フラット35の融資対象が、申込時点で満70歳未満の人であることを考えると、ずいぶん融資対象が狭くなった印象を受けます。

借入れは60%以内!

フラット50のスタートと共に、フラット35は100%ローンも可能となりました。しかし、フラット50の借入限度は、建設費または購入価額の60%迄。キビシイと感じる人も多いでしょう。フラット35との併用も可能ですが、フラット50とフラット35は別の商品で契約も別です。費用が割高になることに注意してください。

フラット50はローン付きで売却可能!

フラット50が、フラット35と大きく異なる点のひとつは、ローン付きで売却できること!住宅金融支援機構のHPから抜粋すると……

【フラット50】をご利用された方が、お借入れ対象の住宅を売却する際に、当該物件を購入する購入者に対して、【フラット50】の債務を引き継ぐことができます。~~。


現在、家を売却する際は、ローンもいったん精算するのが一般的です。しかし、フラット50なら、ローン付きのままで売却が可能ということ。仮に、金利が上昇したタイミングで、低金利のローンが付いたままの家を売却することができたらどうでしょうか? ローンを組んで買う人にとっては魅力的にうつるでしょう! 評価がプラスに働くかもしれませんね。もちろん、債務の引継ぎにあたっては審査があります。また、債務の引継ぎは1回までと規定されています。

ところで、実際の返済はどうなるの? 次ページへ!