家計にやさしいエアコンはどっち?

家計にやさしいエアコン
地球と人にやさしいエアコンは家計にもやさしい?


安さvs省エネ+多機能
一般的に省エネ達成率が高く、多機能なエアコンほど本体価格は高くなります。何年使えば
電気代が本体価格との差額を埋めるか計算してみましょう。
【8~12畳タイプ】
*Aエアコン*
本体価格  92,000円
年間電気代 23,600円
省エネ達成率 100%

*Bエアコン*
本体価格  137,000円
年間電気代 19,700円
省エネ達成率 128%

エアコン代の差は4万5000円
電気代の差は3900円
電気代だけ考えると、11年以上使えばBエアコンの方が毎年3900円ずつお得になります。それ以外の機能に注目してみると、Aエアコンは従来からあるシンプルなタイプ。Bエアコンには除菌や自動のお掃除機能も付いています。

Aエアコンも省エネ達成率は100%ですから、倍の電力消費量がかかる古いエアコンに比べると、4年も使えば元がとれてしまいます。

今の古いエアコンの電気代を何とかしたいなら「安さ」で選び、しばらくは引越す予定もなく長くエアコンを使えるなら「省エネ+多機能」でエアコン+αの機能を満喫するのもいいかもしれません。


関連リンク
エアコンは電気代で選ぶ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。