貯金
残高が増えない時もあきらめないで、積立定期預金は続けましょう。
使う予定があるお金や、絶対に減らせないお金は、安全確実な金融商品に預けるのが一番。まだまだ低金利ですが、預ける金額や条件別に利率がよい物をピックアップしてみました。(2006年12月5日現在の金利です)

ちょっとのお金も、しっかり殖やしたい


普通預金の金利は、どこでも一緒と思っていませんか?ゼロ金利解除後、多くの銀行が金利を超低金利の0.001%から0.1%に上げました。中にはネットバンクをはじめ、0.2%という銀行もあります。

金利は倍ですが、10万円の預金で税引前の1年間の利息は0.1%だと100円、0.2%だと200円です。ATMの手数料や、使い勝手なども合わせて考えたいですね。

■普通預金 金利0.2%
ソニー銀行
ジャパンネット銀行
イーバンク銀行
スルガ銀行ソフトバンク支店

1万円預けるなら


毎月1万円預けられるなら、積立て定期預金の手続きをしておけば、自動的に普通預金から定期に振替られるので便利です。毎月の収入がある銀行か、お財布がわりに使っている口座の銀行に「積立て定期預金」があるか確認してみましょう。毎月決まった額を積立てるという基本的な内容は同じですが、積立期間中に適用される金利や、満期日に積立てたお金をまとめるかなどの商品内容は、銀行によって違います。

■積立て定期預金 1年満期 0.685%*1
ソニー銀行 積立て定期預金
*1 積立てた日の「積立て定期預金」の金利が適用されます。

また、個人向け国債は、年に4回発行されて、5年ものの固定金利と10年ものの変動金利があります。どちらも原則、中途換金出来ない期間があります。満期まで持っていれば元本割はしません。

■個人向け国債「変動10年」 第17回債 初回利率0.84%
■個人向け国債「固定5年」 第5回債 利率は12月12日に決定します。
個人向け国債

10万円預けるなら


おこづかいが貯まったら、定期預金のキャンペーン金利をねらいましょう。注意しなければいけないのは、表示されている金利=年利だということ。つまり「1ヶ月定期0.3%」なら、0.3%は年利なので、1ヶ月だと金利も1/12になり、0.025%になります。

■6ヶ月定期預金 金利0.5%
みずほ銀行インターネット支店限定「円定期預金特別金利キャンペーン」
2006年12月29日まで、新規預入れのみ。

■1年定期預金 金利0.685%
ソニー銀行 円定期預金
2007年2月4日まで、ボーナスシーズン特別金利。

■3年定期預金 金利0.7%
ジャパンネット銀行定期預金(ネット定期)
スルガ銀行ソフトバンク支店スーパー定期預金

100万円預けるなら


100万円貯まると、預け入れ金額100万円からのいろいろな商品が選べます。外貨預金や投資信託を50%以上組み合せるキャンペーン商品もありますが、円定期預金の優遇金利が2~3ヶ月と短い事や、外貨預金や投資信託が値下りすることもあるので、必ずしも優遇金利なのでお得とは言えません。

最低預入れ金額100万円の定期預金で、金利が高いのはオリックス信託銀行のeダイレクト預金。通帳もキャッシュカードもないインターネット専用の定期預金です。他の銀行からeダイレクト預金への入金手数料は自己負担。他の銀行への出金は、月2回まで無料ですがそれ以降は1回につき420円かかります。

■6ヶ月定期預金金利 0.55%
■1年定期預金 金利 0.75%
■2年定期預金 金利 1.00%
■3年定期預金 金利 1.25%
■5年定期預金 金利 1.55%
オリックス信託銀行 eダイレクト預金

次のページでは元本保証でさらに高金利、銀行が満期を決める定期預金と元本割れしない学資保険についてです。