お金を使ってしまう罪悪感と後悔にさいなまれる人

お金の使い方はその人の経験と毎日の生活習慣で決まります。お金を使いすぎて、貯まらないのも習慣の結果ですが、貯めるだけの人も「お金が使えない」という習慣にはまっています。浪費家の反対語の倹約家という言葉が当てはまりそうですが、実はよく話を聞いてみるとそう単純ではありません。

倹約家は、ちょっと違う見方をすると「ケチ」をエンジョイ出来るタイプ。一方、お金が使えない人は、「ケチ」をエンジョイできません。

倹約家の特徴

■安い物を買うとワクワクする
■穴のあいた靴下を縫うのは当たり前
■食材をとことん使いきるのが好き
■もらう、ひろう、タダが好き

お金が使えない人の特徴

■スーパーで値引きシールの貼っていない物を買うと罪悪感が
■プロパー(正規価格)で買うと後悔する
■何かをする為ではなく、お金を貯めること自体が目標
■お金が減る事が怖い

あなたは、どちらに多く当てはまりましたか?
倹約家が前向きに節約をこころがけているのに対し、お金が使えない人は「○○だからお金が使えない」「お金は使いたいけれど、使った後に後悔するのがイヤ」と、後ろ向きな理由でお金を使いません。

お金を使わない事のリスクを知っていますか?

お金が使えない=お金が貯まるので、悪い話ではなさそうですが、隠れた弊害があります。

■ゆとりがない
貯金ができるくらいの収入はあるのに、生活や心にゆとりがありません。切りつめる事がゴールになってしまうと、何の為に働いているか分からなくなります。

■自己投資が出来ない
お金があれば安心かと言うと、そうではありません。貯金も大切ですが、いつ仕事がなくなっても、すぐに次の仕事に移れるようにしておく方も大切です。キャリアアップの為の勉強をしたり、見聞を広めるために旅行にいったり、特に若いうちは、自己投資をする事がとても大切です。

■なりたい自分になれない

お金持ちになりたい人が、ある日突然、1億円と田園調布の家をもらったとします(仮にですよ)。急に広いお屋敷を手に入れても、どんな調度品をどこで買えばいいのか、お付き合いはどうしたらいいのか、わかりません。お金があっても、お金持ちにはなれないのです。お金を使って学ぶ事で、少しずつなりたい自分に近づけるのです。