日本の株式市場は2008年、1年間を通して大きく値下がりしました。日経平均株価は下のチャートを見てわかる通り、新春には1万5000円程度だったものが年末には9000円程度になり、およそ6000円も値下がりしました。
参照:Yahoo!ファインスのチャート

年末が1年間の中で最も安い水準にあるということは、買っても買っても値下がりするということ。そのため、株の売買で損失が発生してしまったという人もいるのではないでしょうか?

「もう株の話なんて聞きたくない!」と思うかもしれませんが、ちょっと待って。株の売買で発生した損失は、確定申告を行うことで翌年以降に節税できる可能性があることを知っていますか?

次のページで、損失の節税方法について解説していきます。