//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/1/4/6/4/0036.jpg
住宅を購入したら、死亡保障額を減らす見直しをしましょう。
死亡保障額を減らせる場面は、主に住宅購入、子どもの独立、定年退職したときです。このとき、一家の大黒柱の保険を見直さないままでいると、ムダな保険料を払い続けることになります。ムダは極力省いてスマートな家計管理をするために、どんなときに減らせるか、そして、減らし方を押さえておきましょう。

死亡保障額を減らしていいのはこんなとき!

死亡保障額を減らしていい場面は、大きく3つ。住宅ローンを借りて住宅を購入したとき、子どもが就職して独立したとき、定年退職したときです。それぞれ、減らしていい理由をみておきましょう。

住宅ローンを借りて住宅を購入すると、ほとんどの人は団体信用生命保険(団信)に加入します。団信も死亡保障の機能を持つ保険なので、この保険に入るとオーバー保障になります。その分を減らしてもいいわけです。

子どもが就職して独立すると、子どもの養育費・教育費のために準備していた一家の大黒柱の死亡保障はお役ご免となります。ですから、この分を減らしてもいいことになります。

定年退職するころは、すでに子どもは独立している時期なので、子どもの独立時に見直しをしなかった人は、この段階で減らしましょう。セカンドライフを意識して、死亡保障より医療保障を重視した保険プランにシフトすべきだからです。ただし、まだ子どもが就学している場合は、減らすのは独立を見届けてからにしてください。