40代はライフプランを見直そう!

今度は、40代の夫婦で考える保険見直しについてお伝えします。実は40代というのは保険の見直しだけでなくライフプランの見直しに絶好の時期とも考えられます。それはなぜか?ご案内しましょう。

40代はライフプラン見直しの好機!

20代後半、もしくは30代前半で生まれた第一子が小学校高学年、早い人では中学生のお子さんがいる家庭も少なくないでしょう。

子どもが中学生になろうとしている40代夫婦にとって、この時期は将来的な見通しが立つ2番目の好機にあたります。

一番目の好機はお子さんの誕生。子供が生まれると、大きくライフスタイルが変化し、将来について最も真剣に考える最初の時期です。

そして、次がお子さんが中学生になろうとする40代です。

40代になると見えてくるもの

40代になると、いろいろなものが見えてきます。まず、世帯主であるお父さんの仕事です。
20代、30代ですと、現代において転職はそれほど珍しくないことです。同業種への転職ならさほど変化はありませんが、脱サラ(ことばが古いですね)、独立起業等々は30代までと考えている人も少なくないのではないでしょうか。

そして、40代、仕事も波に乗ってきて、責任あるポストに就く方が多いのもこの年代です。責任あるポストにつけば、会社でのポジションや、将来像はかなり明確に描かれてくるのではないでしょうか。

かくいうガイド長島も、40代に入っています。現在、かかわっている仕事を続けていくイメージがかなり明確になっています。

引退後のイメージが見えてくる

経営者やフリーで働いている人は、これからも、まだまだ波乱万丈、何があるかわからないという感覚を持っている人も多いと思います。

しかし、サラリーマンの場合40代を過ぎると、定年となる60歳、65歳までのおよそ20年間がかなり短く感じるのではないでしょうか。

収入の推移や、具体的な引退時期、そして引退後の生活が、イメージしやすくなります。

また40代の世代の親も70歳を超え、定年後の生活も10年以上となり、親を見て自分の引退後の生活が見えてきているのではないでしょうか。

夫だけでなく、妻も子育てが一段落しつつある中、再び仕事に戻ったりアルバイトを始めるのも、この時期です。家庭一本の専業主婦だった方が仕事を持ち、外に出る機会が多くなる。大きなライフスタイルの変化があります。

もちろん共働き夫婦にとっては、夫に将来のイメージが見えてくるのと同様に、妻にも同様に20年、30年先のイメージが具体的に見えてくる時期ではないでしょうか。