個人年金保険はこんな人に向いています!

●なかなかお金が貯まらないが、貯めたいと思っている人
個人年金保険は、金融商品としてはローリスクローリターンであり、積極的な運用をすすめる専門家にはおおむね不評、というのも事実です。

銀行預金は、いつでもおろせる気軽さがありますが、個人年金保険は支払いが終わる前に中途で辞めてしまったり、解約してしまうと元本割れしてしまうリスクがあります。

ただ、この特徴を逆の視点で見てみると、個人年金保険は他の保険と同様に、銀行引き落としで保険料を支払います。自動的に預金から引き抜かれていくわけです。お金は、知らないうちに貯まっていきます。

また、預金の解約と異なり、保険はなんとなく解約しにくいのでしょうか、長続きする人が意外と多いのも事実です。決して魅力的な金融商品でないことは事実ですが、貯金が苦手な人がお金を強制的に貯めるには良い方法であることは間違いないようです。

お金を増やすには高度なテクニックが必要で、敷居が高いと思われていますが、まずはシンプルに稼いだお金をいかに残すかが、お金の貯まる人とそうでない人の分岐点です。

●まとまったお金があっても計画的に使えない人
人は大きなお金を前にすると、ついつい気持ちが大きくなって使ってしまうものです。まとまったお金を分割して自動的に銀行に振り込んでくれる個人年金保険は、その点で安心なのかもしれません。きっちり計画的にお金を使える人にはもっと有利な商品はたくさんあります。ぜひ他をあたってみてください。

●投資や運用がどうしても苦手な人
リスクをとってお金を増やすのはどうも苦手、嫌いという人、大きくお金を増やすより、確実に貯めたいという人には向いています。

●老後の生活資金を確保するために今から貯めようと考えている人
真剣に老後のことを心配しているのであれば、できるだけ早く取り掛かればそれだけ大きく貯まります。この先、インフレが起こったらどうしよう、もっと良い商品が出たらどうしよう、という不安がある人には向いていませんが……。

個人年金保険の年金の受け取り方法とは?>>>