児童扶養手当って?

児童扶養手当てがひとり親家庭をサポート
離婚などで父または母と生計をともにしていない子の母または父、あるいは代わりに子を養っている人に支給される手当が、児童扶養手当です。目的は子供の福祉と健全育成です。

国の制度なので全国共通のものですが、東京都の「児童育成手当」のように、自治体によっては独自の制度を持っているところもあります。

手当ての対象になるのは?

手当の対象となるのは次の要件を満たす方です。

【親の要件】
  • 年齢が18歳に達した後の最初の3月31日までの子どもを監護している(心身に一定の障害のある児童については20歳未満)
  • 日本国内に住所がある 等
【子どもの要件】
18歳になった後の3月31日まで(中度以上の障害がある場合は20歳未満)の児童で、下のいずれかに該当する場合。

・父母が婚姻(内縁関係を含む)を解消した児童
・父または母が死亡した児童
・父または母が政令で定める重度障害の状態にある児童
・父または母の生死が明らかでない児童
・父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
・父または母が裁判所からのDV(配偶者からの暴力)保護命令を受けた児童
・父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
・婚姻しないで生まれた児童
・棄児など父母が明らかでない児童