保険を考えるイメージ
住宅ローンと保険は一緒に考える!
最近、三井住友銀行から三大疾病保障付住宅ローンが販売されて、住宅ローンを借り入れる時の保険についての問い合わせが急増しています。そこで今回は住宅ローンを借り入れる時に加入できる(または加入が必要な)保険について整理してみましょう。以外と費用のかかる保険ですが、住宅ローンを借り入れる時に同時加入すると団体割引が適用されるなど「お得」な特典もあります。住宅ローン返済中の方も、今自分がどのような保険に加入しているか必ずチェック!

住宅ローンにまつわる保険は以外と多い!

以下に住宅ローンを借り入れる時に加入する保険をまとめてみました。一般的には3種類あり、住宅ローンの借入先(民間銀行vs.公的融資)によって、必ず加入しなければいけない場合(必須)とどちらでもよいもの(任意)に分類されます。

        民間銀行    公的(公庫など)
1.生命保険   加入必須    加入任意
2.損害保険   加入必須    加入必須
3.その他保険  加入任意    加入任意

最近は、それぞれの保険・保障内容も様々な種類が登場しています。
支払う保険料も様々ですが、銀行負担で加入できるものもあるので、「支払いは低く、保障は厚く!」を目指してお得情報を収集しましょう。

生命保険:銀行負担が一般的!


【一般的な保障内容と特長】
■ 借入人が死亡または高度障害の状態になった場合、住宅ローンが生命保険金によって完済されます。
■ 住宅ローンを借り入れる時には加入が必須条件とする民間銀行が多いが、住宅金融公庫などの公的融資には任意加入もあり。

【$$保険料と支払方法$$】
■ 一般的には住宅ローン借入金額の約0.3%が相場(1000万円の場合、年間3万円程度)。
■ 支払方法は毎月の住宅ローン返済と同時に行う「月払い」と年1度まとめて支払う「年払い」が主流。

【!!知得ポイント!!】
■ この住宅ローン用生命保険は「団体信用生命保険」と呼ばれています。
■ 「民間銀行」のほとんどは「団体信用生命保険」料を銀行負担とする場合が多いので、見逃さずにチェックしましょう。
■ 冒頭の三大疾病保障付など高度障害の対象が広がってきています。個人で加入する「がん保険」に比べて、住宅ローンを借り入れる時の団体割引のほうが得なケースもあるので慎重に選びましょう。

火災保険やローン返済支援保険の「お得情報」もチェックしよう!