マイホーム購入のために準備するお金とは

イメージ画像
マイホームは数千万円の大きな買い物なので、諸費用も数百万円という大金になります
住宅を購入することはほとんどの人が一生に1回のことなので、誰もが生まれて初めての経験になります。何回も経験していれば、要領を得ていて問題はないと思いますが、物件選びはもちろん、住宅購入に必要なお金がどのくらいかかるかわからない人がほとんどです。

一般的に、住宅を購入するときに必要となるお金は、自己資金(現金)として「頭金」と税金も含んだ「諸費用」が必要になります。そして、物件価格から「頭金」を差し引いた金額を住宅ローンで借り入れて不動産会社に支払い、住宅を購入することになります。

頭金と諸費用はどのくらい準備が必要?

では、自己資金として現金で用意する必要がある頭金と諸費用はどのくらい必要なのでしょうか?

まず、「頭金の目安は物件価格の2割以上」といわれています。それは、かって住宅ローンの主流であった住宅金融公庫の融資は頭金が2割必要であるとか、物件価格の8割までしか担保価値をみていないということがあったからだと思います。

現在では主な理由は次のとおりです。

■住宅ローンの借入金が少ないほど、当然ですが毎月の返済が楽になる。
■頭金が多いほうが住宅ローンの審査が通りやすくなる。
■頭金が多いほうが住宅ローンの選択肢が広がる。


物件価格が3,500万円のときはどのくらい準備が必要?

よって、3,500万円の物件価格を購入するのであれば、3,500万円×2割=700万円以上の頭金を現金で準備していることが理想といえます。なお、この頭金は購入する住宅を決めたときに「申込証拠金」や「手付金」の一部として不動産会社にまず支払うことになります。

また、住宅を購入するときの諸費用は「物件価格の最大1割が目安」といわれています。住宅3,500万円の物件であれば最大350万円が目安といえます。このように自動車購入と違って住宅の物件価格以外に数百万円かかるので、事前にどのくらいお金がかかるかよく検討しておく必要があります。

それでは数百万円かかる諸費用の詳細について、次のページでみてみましょう。