量的緩和に続いてゼロ金利政策も解除され、預金やローンの金利もUP!ところでこのゼロ金利解除、為替レートにはどんな影響を及ぼすものなのでしょうか!?

金利と為替のふか~い関係

ゼロ金利が解除されて円預金金利が何十倍になった銀行も!外貨投資への影響や如何に!
金利が上がると変化するのは、なにも預金やローンの金利だけではありません。為替レートも実は金利の動きに反応しやすい性質を持っているのです。

一般的に、お金には金利の高い国へと流れる傾向があると考えられています。これは例えば、日本よりも金利の高い国の通貨で預金したい、という希望から米ドル預金をする人が増えるのと似ていますね。この場合、円安ドル高に傾きやすくなります。

では、今まで金利の高かった国で金利の引下げが行われたり、金利の低かった国で金利の引き上げが行われると、どうなるでしょう?

円預金と外貨預金の金利に大差がないなら、わざわざ外貨預金をするのはやめて円預金にしておこう、と考える人が多くなるのと同じように、今度は今までとは逆に円高になる可能性がでてきます。

金利上昇は円高を招く?

このことから考えても、ゼロ金利解除後の日本はまさに後者。今後も利上げが続けば、ほかの国との金利の差がさらに小さくなり、円高になる可能性もあります。

外貨預金などは、購入したときよりも円高になってしまうと、損を被る可能性もある商品。これから円高が進むと分かっている状態で、あえて外貨預金を始めたいという人は少ないはずです。

ところが、ゼロ金利解除後の為替レートをみてみると、米ドルにしてもユーロにしても円高というよりはむしろ若干の円安。単純に「ゼロ金利解除イコール円高」と考えるのは、少々気が早いといえそうです。

見通しが肝心!

常に一歩先行く行動をしたいもの。先手必勝です!
一般に「ゼロ金利解除」のようにインパクトの大きな出来事については、実行される数週間~数カ月前からメディアなどを通じてアナウンスされることが多いものです。

だから実際にゼロ金利が解除されたときには、すでにその影響はある程度「織り込み済み」で、日本の金利が上がったから今後円高になる、と単純にいい切ってしまうことはできないのです。

むしろ肝心なのは、これからどんなことが起こるかという見通しの方。今後も利上げは続くの?だとしたらいつ頃?はたまたアメリカやヨーロッパの金利は上がるの?下がるの?そんな情報に日頃からアンテナを張っておくと、後手に回らない外貨投資ができるハズですよ!



【関連リンク】
何の金利がゼロなの?目的は?効果は? ゼロ金利政策ってナニ? (All About よくわかる経済)
ゼロ金利解除!貯蓄や投資は今後どうなる? (All About はじめての投資)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。