損害保険/火災保険の基礎を学ぼう

豪雪被害!保険金支払いで自己負担はある?

毎年冬になると全国各地で続く大雪の被害。こんなときのための火災保険ですが、大雪の際の被害でも火災保険で注意しなければならないことがあります。火災保険の雪害に対する補償の注意点について解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
雪の被害が多発!火災保険の内容をもう一度確認しよう

雪の被害が多発!火災保険の内容をもう一度確認しよう

毎年、全国各地で大雪による被害がでています。これは雪国だけに限ったことではありません。都心部でも雪が降って建物やその付属設備などに被害がでることがあります。

こうした自然災害に対処するのが火災保険。今日は大雪の際の雪害について火災保険の補償を確認していきましょう。

火災保険の補償内容

まずは、雪害に対する基本的な補償内容の有無について確認しておきましょう。一般的に、雪害による補償は火災保険で補償されるかというと、答えは「Yes」です。

損害保険各社でさまざまな火災保険を販売していますが、損害保険会社が主軸で販売しているような商品については、雪害による補償はまずあると考えて大丈夫です。

また古くからある火災保険としては住宅火災保険、住宅総合保険、普通火災保険、店舗総合保険などが主なものです。これらの火災保険にも雪害に対する補償はありますので、この点は心配ありません。

近年、補償を選択するタイプの火災保険が発売されていますが、基本補償に雪害はたいてい入っています。ただし、補償額がきちんとした金額でついているかについては必ず確認しておきましょう。

雪害に免責金額(自己負担)はあるのか?

今回は雪害がテーマですが、火災保険では「雪災」と「風災」「雹災」は一つになっています。これは覚えておいてください。

雪害だけでなく風害や雹害などについては、自己負担が発生するケースがあります。住宅総合保険など古いタイプの火災保険や、現在販売されている火災保険に雪・風・雹それぞれの補償で「損害額が20万円以上となった場合」という契約になっています。

つまり、損害額は20万円未満であれば火災保険の支払い対象とならず、20万円以上になった場合に被害額の全額を支払うという補償になっています。

豪雪で家がつぶれてしまうようなことになれば、20万円という金額を気にする必要はあまり考えられませんが、比較的少額の被害であれば自己負担が発生することがあるわけです。そうした観点からは、雪国よりも都心部などで雪が降ったときのほうがこの規定にかかることがあると考えられます。

今回例えば東京などでは雪の被害はありませんが、豪雪どころかちょっとした雪でも被害が大きくなるのが都心部の弱いところです。火災保険の内容をもう一度確認してみましょう。

少額とはいうものの、被害額が10万円、15万円もしたら、決して小さな金額ではありません。

更新日:2014年02月07日

(公開日:2006年01月16日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する