Windowsの使い方/セキュリティ・ウイルス対策

Windows XP、パスワードの設定方法

あなたのパソコンは覗かれているかも知れません。プライバシーをしっかり守るためにはまずPCのガードを固めることです。今回はWindowsXPのパスワード設定方法、パスワードとヒントのつけ方を解説します。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<Index>
パスワードを設定する
パスワードのつけ方
ヒントのつけ方
パスワードリセットディスクを作成する

パソコンは その人の「イキザマ」を映し出す鏡のようなものです。保存メールからは仕事上の人脈や交友関係、[お気に入り]からは興味のあるサイト、保存データからは家計の財政状態や好きなタレントの画像などなど・・・ あなたのありのままの姿が赤裸々に映し出されます。

ひょっとして、誰かがあなたのパソコンを覗いているかも知れません。自分のプライバシーをしっかり守ろうと思ったら、まずパソコンをガードすることです。

今回は、パスワードの設定方法、パスワードとヒントのつけ方を解説します。

 ◆ パスワードを設定する <Indexに戻る>

以前にもWindows XPでのパスワード設定方法を解説したことがありましたが、ここでもう一度おさらいしておきましょう。まず、コントロールパネルを開き、[ユーザーアカウント]をクリックします。

[ユーザーアカウント]パネルが表示されたら、[アカウントを変更する]をクリックします。[ユーザーアカウント]ダイアログボックスが表示されたら、変更するユーザーアカウントを指定します。

すると、アカウントの何を変更するかを訊いてきますので、[パスワードを作成する]をクリックします。


 

ここで、アカウントのパスワードとパスワードを思い出すためのヒントを入力します。パスワードは確認のために同じものを2回入力します。

どんなパスワードとヒントにするかは、次ページを参考にしてください。

更新日:2004年01月29日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    8

    この記事を共有する