お食い初めは、子供が一生食べ物に困らないように願う儀式

お食い初めの準備・やり方を解

お食い初めの準備・やり方を解説

「お食い初め(おくいぞめ)」とは、子供が一生食べ物に困らない事を願い、また歯が生えるほど成長したことを喜ぶ意味もこめて、赤ちゃんに初めて食べ物を食べるマネをさせる儀式の事。生後100日目頃を目処に行い、「歯固め」「箸ぞろえ」「箸始め」と呼ぶ場合もあります。

お食い初めのやり方は地域によって様々なので、時期や準備するもの、献立レシピや儀式・マナーなど悩まれる事も多いと思います。本記事では、一般的な事例を解説するので、お住まいの地域の慣例と合わせて行うように参考にしてみてください。


【目次】お食い初めの基本&マナー


>> 次ページでは「お食い初めの時期や招待客」について紹介します。