毎日の野菜・フルーツレシピ/フルーツの栄養・効能

アボカドの栄養・選び方・保存方法

森のバターと呼ばれているアボカド。フルーツには珍しく、多くの脂肪分と栄養素を含み、ギネスブックに世界一栄養価の高い果物と認定されているほど。今回はアボカドをよりおいしく食べる方法を紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アボカド ごつごつとした皮の中身は、きれいなクリームイエローの果実と大きな種です

アボカド ごつごつとした皮の中身は、きれいなクリームイエローの果実と大きな種です


森のバターと呼ばれているアボカド。フルーツには珍しく、多くの脂肪分と栄養素を含んでいます。脂肪分の取りすぎは、成人病の原因になりやすいところですが、アボカドは別。アボカドの脂肪分は不飽和脂肪酸と言い、オレイン酸やリノール酸といった、コレステーロール値を下げる機能があります。この他にも、カリウム、ビタミンE、ビタミンB群、食物繊維などを含み、ギネスブックに世界一栄養価の高い果物と認定されています。

アボカドの栄養のハナシ

アボカドには豊富なビタミンと良質な油分が含まれています。これにプラスして、ビタミンA・B・D・Eが多く含まれており、鉄分、カリウム、葉酸など女性にうれしい成分も多く含まれています。特に抗酸化作用のあるビタミンEは、フルーツから摂取しにくい成分なので、大変貴重です。

また、2割を占める油分は、コレステロールを減らしてくれるリノレン酸が多く、動脈硬化予防や中性脂肪を減らす効果が期待できます。

アボカドの選び方

よいアボカドの選び方。
確認するのは、皮の色・皮の弾力・ヘタです。
  • 皮の色がチョコレート色のものが食べ頃です。緑色の場合は、常温で追熟させます
  • 手に持ったとき、吸い付くような弾力があるものが食べ頃です
  • ヘタの周りが皮から浮いてきて、取れそうなくらいなものは食べ頃です


アボカドの保存方法

アボカドの保存。
切った途端に変色が始まるので、すぐにレモン汁をかけてあげましょう。
  • 熟したものは、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存。2~3日くらい持ちます
  • 切ったアボカドは、種を取り除いた状態で保存します。空気に触れることで黒ずむので、切り口にレモン汁をかけて、空気を遮断するようにラップをして、冷蔵庫で保存
  • 熟したものなら冷凍保存できます。食べるときは自然解凍します


更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年02月23日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    11

    この記事を共有する