タイ/タイ基本情報

すぐに使える簡単タイ語『挨拶・自己紹介』

一見難しそうなタイ語。実は文法もシンプルで日本人にとっては覚えやすい言葉なんですよ。うれしいことにタイ人は外国人のタイ語に対して「褒め上手」。自信を持ってどんどん話してみませんか?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホテルや観光地以外ではなかなか英語が通じない。タイ語を少しでも勉強していくと旅もスムーズになる(c)日本アセアンセンター
タイへ行くとまず目に入ってくるのが、クネクネとした複雑そうなタイ文字、そして耳に入ってくるのはひびきの良いタイ語。あの文字を見ると難しそうで「タイ語なんて話せるわけない!」と思ってしまいますよね。しかし実際タイ語は文法もシンプルなので、単語を並べるだけでも比較的通じてしまうの言語なのです。タイ語には5種類の声調がありますが、最初は気にせずとにかく言葉を発するところから始めてみましょう!

つたないながら少しでもタイ語を話すと、地元のタイ人とコミュニケーションが取れるという旅の醍醐味が味わえます。そして、なんと言っても嬉しいことにタイ人は褒め上手! 一生懸命タイ語を話していると「上手ねー!」(タイ語:ゲン・ジャンルーイ)などと言って満面の笑みを浮かべ褒めてくれますよ。やはり褒められるとモチベーションも上がりますよね。

今回は、複雑な文法説明一切無し! タイ文字じゃなくてカタカナで覚えれて簡単なのに、すぐに使えるタイ語のフレーズをご紹介します。

まずは知っておきたいちょっとしたルール

タイ式の挨拶としても有名な合掌(ワイ)。どんなタイミングでワイをするか慣れるまで難しいかも
タイ語は必ず最後に丁寧語としてつける言葉があります。女性なら「カー」、男性なら「カップ」です。またこれらは丁寧語だけではなく「はい」という意味にもなります。またよくタイで見かける合掌のポーズですが、これをタイ語で「ワイ」と言います。挨拶のとき、お礼を言うときにタイ人はワイをするのですが、実はこれにもルールがあります。

  • 目上の人に対して年下の人から先にします(年上の人が先にやってしまうと、年下のタイ人がびっくりしてしまいます)

  • お店の人がお客さんに対してワイをします。サービスを受けてもお客さんからお店の人にワイをすることはありません。


  • 外国人にとってはどんなタイミングでワイをすればよいのか分かり辛いので、最初はタイ人からワイをされたときにお返しとしてワイをする程度で良いでしょう。

    タイ語は朝・昼・晩、挨拶はこの一言!

    日本語も英語も朝・昼・晩とそれぞれ挨拶の言葉は違いますよね。でもタイ語は外国人に嬉しいことに挨拶は一日中「サワッディー」の一言なのです。そして語尾に女性なら「カー」、男性なら「カップ」と付けます。

    (女性)サワッディー・カー
    (男性)サワッディー・カップ


    ※以下カー(女性が語尾につける丁寧語)とカップ(男性が語尾につける丁寧語)はKと表記します。

    次に、挨拶がわりに日本でもよく「元気?」と聞きますが、これをタイ語でも言えるようになりましょう。

  • 元気ですか?/サバイディー・マイ・K?

  • 元気ですよ。/サバイディー・K 
      ありがとう。/コップン・K


  • となります。「サバイディー」は「元気」という意味で、最後に「マイ」をつけると疑問形になります。そして、「ありがとう」はコップン・Kです。

    日本では「ありがとう」の代わりによく「すみません」という言葉を使いますが、そのような意味を持つ言葉はタイ語にはないので、感謝を伝える言葉はコップン・Kの一言になります。レストラン、屋台、お店、デパートの中で一番耳にする言葉かもしれません。

    微笑みの国タイで、是非タイ人のようににっこりと微笑みながら挨拶をしてみてくださいね。

    タイ語で自己紹介はどうやって言えば良い? 知りたい人は次のページへ。

    更新日:2007年05月29日

    あわせて読みたい

      この記事を読んで良かったですか?

      良かった

      1

      この記事を共有する