温泉/季節別おすすめ温泉

夏こそ楽しめる!夏向き温泉3タイプ

実は夏こそ温泉なんです!夏なら脱衣も少なくて済みますし、湯気で浴室風情が台無しになることもありません。さらには、夏こそ楽しめる温泉もあるのです。今回は、ガイドお勧めの夏向き温泉を、3つのタイプ別に紹介します!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
実は夏こそ温泉なんです!確かに温泉は暖かいものですが、決して寒い冬だけのものではありません。むしろ夏の方が多くの面で向くのです。

冬は大量の衣類を脱衣、着衣するのが大変ですが、夏は少量の衣類で済みますし、脱衣場が寒くて辛いということもありません。また、寒い時期には湯気がこもって、折角の内湯風情が見えない場合がありますが、夏ならそんなこともありません。

このように、夏は意外と温泉に向いた季節なのです。さらに場所によっては、夏こそ楽しめる温泉があるのも事実。今回は、ガイドお勧めの夏向きの温泉を、3つのタイプ別に紹介します!

タイプ1動物と出会える温泉で夏の思い出を作る!

地獄谷温泉 露天風呂
地獄谷温泉の露天風呂は、野生の猿が生息する、山奥の温泉らしいワイルドな風情が魅力。

地獄谷温泉 内湯
木造の内湯。秘湯らしい素朴な風情を楽しめる。
地獄谷温泉は山奥の秘湯です。冬以外は近くの有料駐車場まで車で行けますが、そこから15分程歩かないと辿り付けません。

宿の対岸には有名な観光名所、地獄谷野猿公苑があり、野生の猿が数多く生息する大自然の真っ只中にあります。

この素晴らしい自然環境を露天で漫喫し、秘湯らしい素朴な風情を内湯で漫喫出来るのが、地獄谷温泉の一軒宿、後楽館です。

地獄谷温泉の猿
温泉パイプをつり橋代わりに渡る猿。野生の猿にとって野猿公苑の中と外という意識は当然ない。付近一帯を自由自在に闊歩する。(地獄谷温泉露天風呂から撮影)

野猿公苑に行くと注意書きがありますが、野生の猿と目を合わせたり、小猿に近寄ってはいけません。親猿が喧嘩を売っていると勘違いして、襲って来る可能性がありますので、十分注意が必要です。貴重品や帽子なども、一瞬のスキに持って行くことがありますので、要注意。そうした注意を怠らなければ、猿は本当にかわいいものです。

野生の猿にとって、野猿公苑の中と外という意識は全くありませんので、温泉宿の周囲も自由自在に猿が闊歩しています。そうした様子を露天風呂からそっと眺めていると、いつまでも飽きることがありません。

夏は猿が温泉に寄って来ることは少ないと思いますが、冬は猿と混浴出来ることもあるようです。ただし、猿にも機嫌がありますので、ご機嫌斜めな猿が近寄って来た場合には、内湯に逃げ帰る必要もあると思います。野生の猿とのご対面は、あくまでも自己責任になりますが、忘れられない思い出となるに違いありません。

なお、野猿公苑に行く際には、夏の日中は猿もぐったりしていますので、朝涼しい時間帯がお勧めです。

■交通アクセス情報
  • 地獄谷温泉 後楽館
  • 住所 長野県北下高井郡山ノ内町平穏6818
  • 電話 0269-33-4376
  • 日帰り入浴 8:00~15:00 500円(9:30~11:30頃は清掃の場合あり)
  • 関越道練馬ICから車で約3時間30分
  • Yahoo!地図

波勝崎苑の猿
波勝崎苑では、人間がオリに入って、野生の猿に餌を与えることが出来る。
目を合わせないように、伏せ目がちに猿を眺めていると、もっと積極的に猿と触れ合いたくなるのも事実です。その願望を満たしてくれるのが、西伊豆や南伊豆の温泉からも近い、波勝崎苑です。ここでは、猿ではなく、人間の側がオリに入ることで、餌を与えることが出来るのが最大のポイントです。オリの中には売店があって、猿の餌を売っています。

波勝崎苑に比較的近い、西伊豆の名湯といえば、桜田温泉があります。詳細は以下の記事を参照願います。桜田温泉山芳園 露天風呂付き客室と離れ

ほたる温泉のホタル
志賀高原のホタルは夏が見頃。幻想的な蛍の光を夏の思い出に!
猿の話ばかりして来ましたが、季節はずれのホタル観賞はいかがでしょうか?通常は6月が見頃のホタルですが、志賀高原では7月中旬から8月中旬が見頃です。

近くには名湯として名高い、熊の湯温泉熊の湯ホテルもあります。詳細は以下の記事を参照願います。熊の湯温泉!志賀高原のホタルは夏が見頃

→次ページでは、熱帯夜と無縁の標高の高い温泉を紹介します!>>>

更新日:2013年07月11日

(公開日:2007年07月23日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する