高校受験/推薦入試・内申書・通知表

通知表の成績はこうして決まる

テストで90点をとったのに、通知表の成績は「5」にならなかった!どうしてなの?その疑問、お答えします。今回は、気になる通知表のつけ方です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
そもそも成績って、どのようにつけられているのでしょうか?
そもそも成績って、どのようにつけられているのでしょうか?
時々、中学生や保護者の方から、通知表について質問を受けることがあります。ハッキリとした基準がわかりづらい通知表(内申点)。通知表の成績はどうやって決まるのでしょうか?

「テストで90点をとったのに、通知表の成績が『5』になるどころか『3』のままだった……」「絶対評価では80点以上だったら『5』じゃないの?」など、知らないと疑問が次々出てきます。そこで今回は、気になる通知表のつけ方についてお答えします。

何が基準?気になる通知表のつけ方

まず、通知表の「3」や「4」などの評定の横にある、A~Cの成績を見てみましょう(学校によっては◎、○、無印となっていたりします)。通知表の「3」とか「4」などの評定は、実はこのA~Cの成績の組み合わせによって決まっているのです。
通知表の評定は各観点のA~Cの組み合わせで
通知表の評定は各観点のA~Cの組み合わせで決まる。

現在の通知表のつけ方は、例えば社会科なら「関心」「思考」「表現」「知識」という観点について「絶対評価」と呼ばれる評価をされています。知識の量のようなテストの点数だけではなく、授業中の挙手の回数や調べ学習での取り組みなど、それぞれの観点についてA~Cで成績をつけ、これらの組み合わせで通知表の成績が決まっているのです(観点は教科によって異なります)。

通知表の成績の決まり方の例
4つの観点の成績の組み合わせ 通知表の評定
・AAAB(Aが3つ以上でCがない) →「5」
・AAAC(Aが3つでCがある)
・AABB(Aが2つ)
→「4」
・ABBB(Aが1つ)
・BBBB
・BBBC(Cが1つ)
→「3」
・BBCC(Bが2つ)
・ACCC(Aが1つ)
→「2」
・BCCC(Bが1つ以下) →「1」
※成績の組み合わせは学校によって異なります。

テストの点数が90点(=A)で良かったとしても、関心などのその他の観点が普通(=B)だった場合、4つの観点の成績は「BBBA」となり、通知表の評定は「5」にならないのです。

更新日:2011年07月01日

(公開日:2006年09月13日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    14

    この記事を共有する