高校受験/推薦入試・内申書・通知表

そうだったのか!中学校の通知表の成績は、こう決まる

テストで90点をとったのに通知表は「5」じゃなかった!確かに、はっきりとした基準がわかりづらい通知表の成績。いったいどうやって決まるのでしょうか?

この記事の担当ガイド

心理学と行動科学を応用した自己学習力を提唱する学習アドバイザー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「テストで90点をとったのに、通知表の評定は『3』のままだった‥‥」
「絶対評価では90点以上だったら『5』じゃないの?」

このように、中学生や保護者の方から通知表について質問を受けることがあります。受験を考えると少しでも上げておきたい通知表の評定。今回は、気になる通知表のつけ方と、評定を上げるポイントについてもお答えします。

何が基準?気になる通知表のつけ方

まず、通知表の「3」や「4」などの評定の横にある、A~Cの評価を見てみましょう(学校によっては◎、○、無印となっていたりします)。これを観点別評価と言います。通知表の「3」や「4」などの評定は、この観点別評価の組み合わせによって決まっているのです。
「3」や「4」といった評定の横にあるA~Cで評価されている観点別評価、この組み合わせがポイント。

「3」や「4」といった評定の横にあるA~Cで評価されている観点別評価、この組み合わせがポイント。


例えば社会科なら「関心」「思考」「表現」「知識」の4つの観点について、「絶対評価」で評価されています。観点別評価は、「関心」のような授業中の挙手の回数や調べ学習での取り組みから、「知識」のようなテストの点数まで、それぞれA~Cの3段階で成績をつけます。そして、これらの組み合わせで次のように通知表の評定が決まっているのです(観点は教科によって異なります)。

■通知表の評定の決まり方の例
4つの観点の評価の組み合わせ(順不同)→通知表の評定
・AAAA、AAAB→「5」
・AAAC、AABB→「4」
・ABBB、BBBB、BBBC→「3」
・BBCC、ACCC →「2」
・BCCC、CCCC→「1」
※同じ評価の組み合わせでも、学校や教科によって評定は異なります。

テストの点数が90点(=A評価)で良かったとしても、関心などのその他の観点が普通(=B評価)だった場合、4つの観点の評価の組み合わせは「BBBA」となり、通知表の評定は「5」ではなく「3」になってしまいます。つまり、単純にテストの点数だけで通知表の評定が決まっているわけではないのです。

続いて、この通知表のつけ方を元に、内申アップのポイントをご紹介します。

更新日:2015年04月15日

(公開日:2006年09月13日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    30

    この記事を共有する